NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

なぜベートーヴェンは頑なにカツラをかぶらなかったのか?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了・27日掲載希望】なぜベートーヴェンは頑なにカツラをかぶらなかったのか?の画像1
ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン(「Getty Images」より)

 6月11日、英ロンドンの大手オークション会社・サザビーズでベートーヴェンの毛髪の競売が行われ、約480万円で落札されました。当初は、200万円程度の落札額で落ち着くのではないかと予想されていたのですが、約2.5倍の金額となりました。

 僕は、ベートーヴェンの音楽ならともかく、彼の髪の毛にはそれほど興味がありませんが、どうしてそんな髪の毛が残っていたのかを知ると、ベートーヴェンの生真面目な性格の一端を知ることができます。

 ベートーヴェンの最高傑作・交響曲第9番、いわゆる『第九』の初演を終えた2年後の1826年。友人のピアニスト、アントン・ハルムの妻であり、ベートーヴェンの熱烈なファンでもあるハルム夫人が、ベートーヴェンの形見として、まだ存命中だった彼の髪の毛を欲しいと言ったことから話は始まります。実際に、ベートーヴェンは翌年3月に亡くなってしまうのですが、その際に使いを頼まれたベートーヴェンの召使が、適当にヤギの毛を「ベートーヴェンの髪の毛の束です」と、ハルム氏に渡してしまったことを知ったベートーヴェンは激怒し、その場で自分の頭の後ろの髪の毛を切って、ハルム氏に渡したのです。

 以前にも、ベートーヴェンが亡くなった後に切られた遺髪が競売にかけられたことがありますが、今回はベートーヴェンが自身で切った生前の髪の毛として、貴重な物となったのです。

 彼は、不実なことや、納得できないことに対しては、どうしても我慢できない性格だったのでしょう。彼のすべての作品が、真面目すぎるほど、細部までとことんつくり上げられ、ひとつとして無駄な音がないことが、この話からわかる気がしました。

 そう考えてみると、冒頭で作曲家の髪の毛など興味がないと書いた僕も、一度は見てみたくなりました。

 ベートーヴェンの髪の毛に関して、思い出したことがあります。それはベートーヴェンが、作曲家としては、カツラをかぶらずに活動した初めての人物だということです。

 ベートーヴェンより16歳年上の大天才・モーツァルトや、“交響曲の父”といわれ、ベートーヴェンも師事した巨匠・ハイドンなどの肖像画を見ると、カツラをかぶっていることがわかります。それから100年ほどさかのぼっても、“音楽の父”といわれたバッハも立派なカツラをかぶっています。実は当時、宮廷ではカツラをかぶるのが礼儀でした。

 そこで、宮廷や貴族のお抱え作曲家だったバッハ、ハイドン、モーツァルトは、当然のことながら、カツラをかぶっていました。当時の位置づけとしては、音楽家は使用人であり、王侯貴族や教会に雇われることで生計を立てていたので、カツラは宮廷の仕事場での必需品だったのです。

 ところが、ベートーヴェンは、収入の源でもある宮廷を飛び出し、当時、経済的にも活気が出てきた一般市民の前で自分の音楽を披露して収入を得始めた最初の作曲家なのです。そのため、宮廷内の堅苦しいドレスコードなど気にせずに済んだのです。それ以外にも大きな理由としては、本連載でも何度も紹介しているように、生まれ故郷の独ボンで啓蒙思想に染まってからは、「貴族も平民も農民もみな同じ人間だ」と、むしろ反抗するかのように、貴族的趣味の服装をしなかったのです。

 若きベートーヴェンに至っては、フランスの革命家の間で流行った服を着て肖像画を描かせていたほどです。その頃に作曲したのが、“ジャジャジャジャーン”と始まる、有名な交響曲第5番、すなわち『運命』です。彼自身、乗りに乗っていた時期でもあります。

なぜベートーヴェンは頑なにカツラをかぶらなかったのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事