NEW

小池都知事、マラソン移転で蚊帳の外は“身から出た錆”…来年の都知事選に利用

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京2020プレビュー マラソン・競歩の札幌開催で4者協議(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 混迷を極めた2020年東京五輪のマラソン・競歩会場の札幌移転問題は11月1日、IOC(国際オリンピック委員会)、大会組織委員会、東京都、日本政府の4者協議を経て、正式に札幌と決まった。これを受け、東京都の小池百合子知事は憮然とした表情で記者会見し、「東京での開催がベストとの判断は変わっていない」「都としては同意できないが、IOCの決定を妨げることはしない」と述べた。東京都は納得していないという意味で、「合意なき決定」という言葉を繰り返した。

 五輪は大会の計画から運営、決定に至るまでIOCに権限がある。それは東京五輪の開催都市契約にも明記されている。IOCの決定は絶対で、東京都が異論を挟む余地はなかった。小池知事がどんなに悔しさをにじませても、どうしようもない。では、一連の騒動で「小池完敗」なのかといえば、それは違う。

 確かに、IOCのバッハ会長が10月16日突如、「暑さ対策」を理由にマラソン・競歩を札幌に変更する方針を示した直後は、小池知事は惨めだった。バッハ会長は札幌移転を「IOC理事会と組織委が決めた」として2者間の合意を強調。17日には組織委の森喜朗会長が「IOCと国際陸連が賛成したのを組織委がダメと言えるのか。受け止めないといけない」と発言。札幌移転の流れは決定的になった。

 政府も、北海道出身で元五輪選手の橋本聖子五輪担当相が「北海道がさらに大きな舞台となっていくのは非常に喜ばしい」とむしろ歓迎。「この提案によって他の競技はどうなんだろうかという意見が出てくる」と、マラソン・競歩以外の移転の可能性にまで言及。札幌市の秋元克広市長も「札幌の町を世界中の方々に注目していただく機会になる」。北海道の鈴木直道知事も「万全の体制を取る」と前向きで、17日には早々に北海道と札幌市が受け入れに向けての実務者協議を行っている。

 東京都だけが反対で孤立。小池知事は完全に蚊帳の外で、意図的な「小池外し」といえる状態だった。小池知事がIOCの札幌案を知ったのは、バッハ会長の発表前日、10月15日だった。都庁にやってきた組織委の武藤敏郎事務総長から告げられ、小池知事は「晴天の霹靂」と明かしている。しかし、組織委はその1週間ほど前にはIOCの決定を知っていた。

小池都知事、マラソン移転で蚊帳の外は“身から出た錆”…来年の都知事選に利用のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事