NEW
連載
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

小泉進次郎の“人妻不倫”に永田町で同情が集まる理由…「40歳までは遊び倒す」発言

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉進次郎の人妻不倫に永田町で同情が集まる理由…「40歳までは遊び倒す」発言の画像1
首相官邸で結婚発表を行う小泉進次郎衆議院議員(左)と滝川クリステル(右)(写真:毎日新聞社/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 年末になって秋元司衆議院議員の逮捕や初鹿明博衆議院議員の書類送検などで永田町もバタバタでしたが、最後の最後に“文春砲”が出ましたね。小泉進次郎環境大臣が過去に政治資金で「不倫ホテル代」を支払ったのではないかという疑惑が、12月26日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられました。

 これについては、正直「お気の毒だなぁ」というのが国会女子たちの感想です。もともと小泉大臣は「40歳までは遊び倒す」と公言していて、女子アナなどいろいろな女性とお付き合いをされていたのは、国会でも記者さんの間でも有名な話です。

 記事によると、人妻の元交際相手は小泉大臣と一緒になることを望んでいたようですが、小泉大臣は交際するすべての女性に「結婚はしない」と伝えていたと聞きました。それなのに、勝手に“改心”してくれることを期待して関係を続けていただけのような気がします。また、周囲にメールの内容を見せびらかしていたそうですが、自分が不倫していることを言いふらしているんですよね。小泉大臣は“遊び相手”を厳選していると思っていましたが、まだまだでしたね(笑)。

 ちなみに、小泉大臣に憧れている国会女子もいましたが、相手にされないのはわかっていますし、そもそも小泉大臣は芸能人のような非現実的な存在感が魅力でした。ストレスの多い国会内で、たまに同じエレベーターになったり会議で一緒になったりして、ちょっとキュンとした……みたいな話を女子たちで共有して楽しむ。そんな存在だったのです。

 最近の小泉大臣は「セクシー」発言が話題になったぐらいで、あまりメディアにも登場しませんし、出たとしても発言の揚げ足取りばかりです。神澤としては「マスコミもひどいなぁ。安倍さんに忖度しすぎじゃないかな」とイラッとしてしまいます。

 以前にも書かせていただきましたが、安倍晋三首相が小泉議員を環境相に任命したのは、「小泉議員の未熟ぶり」を世に知らしめて「次期総理大臣なんてまだまだだな」と思わせることが目的ですよ。また、以前から不仲説が伝えられている菅義偉官房長官にもダメージを与えられますからね。小泉議員の初入閣を推したのは菅官房長官といわれています。

 これらの事情は、メディアの方々はみんな知っていることです。だから、「知っていながら小泉大臣を自由にさせていたのに、“進次郎人気”が下降気味になるとこういう報道をするなんて、ちょっと意地悪だよねー」と国会女子たちは話していました。

議員会館も大掃除で永田町も仕事納め

 さて、今回の文春砲で2019年は終わりでしょうかね。12月27日は、議員会館のほとんどの事務所が大掃除を終えて仕事納めとなりました。各フロアに2カ所ずつあるゴミステーションもあふれてしまうほどで、いつもなら日に何度も片付けに来てくれる清掃スタッフも早めの休暇に入ったのか、人数が少なかったように感じました。

 ゴミのほとんどは書類です。永田町では、ファクシミリもまだまだ現役なんですよ。参議院では次期国会から会議録がペーパーレス化されることが決まりましたが、衆議院は旧態依然とした体制が維持されるようです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事