NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

粉ミルクに遺伝子組み換え原料が氾濫…メディアが報じない乳業メーカーの闇

文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事
【完了】粉ミルクに遺伝子組み換え原料が氾濫…メディアが報じない乳業メーカーの闇の画像1
「Getty Images」より

 日本が“超高齢化”という深刻な大問題を抱えていることを知らない日本人は、おそらくいないでしょう。このままいくと、超高齢化とともに人口が急減し、2014年に6587万人であった労働人口が、2030年には5683万人、そして2060年には3795万人へと加速度的に減少していくこともわかっています。総人口に占める労働人口の割合は、2014年に約52%だったのが、2060年には約44%に低下し、いよいよ働く人よりも支えられる人が多くなるという恐るべき時代に突入するのです。

 それに伴って、マーケットとしての価値が下がるため、投資先として選択される機会も圧倒的に少なくなります。経済の成長力は低下し、労働力が不足することから長時間労働が常態化し、ワークライフバランスもさらに悪くなり、それが少子化に拍車をかけるという、最悪のスパイラルに入るだろうと予想する経済学者も多くいます。

 若手の大臣が育児休暇をとるか、とらないかで一悶着ありましたが、実際にはそれどころの話ではなく、もっと根本的なところに深刻な問題が厳然と存在しています。育休をとることが悪いと言いたいわけではありません。それは問題の核心ではない、ということを言いたいのです。

 2018年の日本国内での出生者数は91万8397人です。これは、統計がある1899年以降でもっとも少なく、これまで最少だった前年を2万7668人も下回っています。そしてこれはまだ推計値ではありますが、2019年の出生者数は、なんと約86万4000人。とうとう90万人を割り込む見通しであることが、厚生労働省の人口動態統計でわかりました。2016年に初めて100万人を割り込んでから、雪崩を打ったように出生者数は減り続け、出生者数から死亡者数を引いた自然減も44万4085人と、過去最大の減少幅を更新しています。少子化と人口減少が我々の生活に、本格的に深刻な打撃を与える日は、そう遠くはないことが実感されます。

粉ミルクに遺伝子組み換え原料

 そんななか、大切な赤ちゃん用の粉ミルクに、遺伝子組み換え原料が使われていることがわかりました。筆者はそれを元農林水産大臣の山田正彦氏のブログで知ったのですが、驚きを通り越してあきれてしまい、徐々に怒りを感じました。大手企業の製品には軒並み、遺伝子組み換え原料が使われています。