冬のキャンプシーズン真っ盛り。100円ショップ・セリアで、“緊急着火剤”の「ファイアスターター」(税抜100円)が人気を集めている。

 キャンプで料理や暖を取る際に必要となる“火種”。ライターを持っていれば着火は簡単だが、たとえばガスが切れていれば火をつけることができない。久しぶりに使うマッチは火薬が湿気ている可能性もある。

 そんな「火が起こせない」という状況を防ぐため、アウトドア用グッズとして常備しておきたいのが「ファイアスターター」だ。マグネシウムの芯とスクレーパーがセットになっていて、使用時はスクレーパーでマグネシウムの粉を削り出すところからスタート。紙や木くずなど燃えやすい材料にマグネシウム粉をまぶし、芯とスクレーパーを擦って発生させた火花から着火できる。

 指でつまみながら使用するコンパクトサイズのツールだが、購入者の評判は上々。ネット上には「まさかマグネシウム着火剤が100円ショップで手に入るとは」「どうせ100均でしょと侮っていたら、使い勝手が良くて驚いている」「子どもたちが楽しそうに使っていたので、買ってよかったと思える商品」といった声が寄せられている。

 アウトドアの現場で困らないよう、同商品を備品リストに加えてみてはいかがだろうか。
(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事