NEW

新型コロナ、感染症専門医「8割は軽症で回復、検査も不要」…軽症者の行動範囲拡大こそ危険

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナ、感染症専門医「8割は軽症で回復、検査も不要」…軽症者の行動範囲拡大こそ危険の画像1
日本感染症学会・石田直医師

 日本で新型コロナウイルスのニュースが最初に報じられたのは昨年12月だ。当初は対岸の火事と誰もが思っていたが、3カ月が経過した今、日本のみならず世界がその脅威に怯えている。そんななか私たちにできることは、落ち着いて事実を理解し、感染拡大を阻止するよう努めるほかない。インターネット上に溢れる誤った情報に惑わされないためには、正しい知識が必要である。日本感染症学会インフルエンザ委員会委員長の石田直医師に、新型コロナウイルスについて聞いた。

新型コロナウイルスの80%は軽症

「感染した人の多くはインフルエンザや風邪のような症状が見られ、80%程度の人は軽症で回復することが報告されています。重症例ばかりがニュースとして表に出てくるので、感染するとみんな重症化するように勘違いしがちです。重症化する人もいるのは事実ですが、全体の分母を考えると重症化率はそれほど高くないと思います」(石田医師)

 2月22日までの感染者数からWHO(世界保健機関)などの専門家チームが行った共同調査でも、感染者の80%は軽症、致死率は3.8%と判明している。では、重症化するのは、どのようなケースか。

「基本的には、免疫力が低下している高齢者や、糖尿病などの基礎疾患がある人が重症化しやすいことがわかっています」(同)

 中国の例では、致死率は高齢者になるほど高く、80歳以上の致死率は21.9%、つまりおよそ5人に1人と報告されている。また、重症化とはどういった症状なのか。

「新型コロナウイルス感染により『ウイルス性肺炎』となると、呼吸不全になり重症化することもあります。インフルエンザでも感染後に肺炎となることはありますが、インフルエンザで多いのは感染後の『二次性の細菌感染による細菌性肺炎』です。この場合は、抗生物質で治療が可能です。しかし、新型コロナウイルスの場合はウイルス性肺炎になることが多く、こうなると抗生物質は効果がありません。ウイルス性の肺炎が重症化して呼吸不全をきたせば呼吸管理を行いますが、回復するかどうかは本人の免疫によるところが大きいといえます」(同)

 一方で、20代の重症例も報告されるが、これはどういうことか。

「サイトカインストームという免疫の過剰反応が考えられます。サイトカインストームにより正常な細胞まで攻撃され、多臓器不全などを起こし重症化したと考えられます」(同)

 しかし、サイトカインストームが起きることは予測できない。また、軽症の時点で重症化を防ぐための特別な治療法はない。現在のフェーズでは、風邪症状が現れたら十分な休養をとることが一番の対処法といえる。

関連記事