NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

「ついに官邸も終わったか」…アベノマスクに永田町でも絶望広がる、経産官僚の説明が炎上

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

「ついに官邸も終わったか」…アベノマスクに永田町でも絶望広がる、経産官僚の説明が炎上の画像1
緊急事態宣言を発令する安倍晋三首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 4月7日、安倍晋三首相は改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令しました。対象地域は、感染が拡大している東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県で、期間は大型連休が終わる5月6日までを目途としています。

 緊急事態宣言について、特措法には「可能な限り国会に報告する」とあるので、4月7日13時から予定していた衆議院本会議を14時からに変更し、衆参の議院運営委員会で緊急事態宣言についての質疑が行われました。議運で質疑が行われるなんて、異例中の異例のことです。神澤も初体験でした。

 この様子は急遽NHKでも中継されたので、ご覧になった方もいると思います。普段は院内テレビやインターネットでの中継すらされないのに、議運の審議がテレビ入り、しかもNHKということで、注目度の高さがうかがえますね。

 通常の議運の会議は議長応接室で開催されます。審議内容は主に議事日程のとりまとめで、その日程に従って議長が議事運営を行うことになります。この議事日程作成についての各会派間の実質的な交渉は、理事会や国会対策委員長の会談などです。議運での審議は、その結果を追認するだけです。

 要するに、議運の審議は事務レベルなので、いつもは中継の対象外なのです。それがNHKで中継されるというのは、おそらく憲政史上初めてだと思います。そのくらいの非常事態が起きているということですね。

武田防災相の秘書室職員も感染

 それにしても、新型コロナウイルスの感染拡大が収まりませんね。7日夜には、武田良太防災担当大臣の秘書室に勤務する内閣府の男性職員の感染も公表されました。内閣府によると、武田大臣が「濃厚接触者」となる可能性は低いようですが、感染防止の観点から、今後の公務などについては保健所と相談した上で検討するそうです。

 この件については、7日の朝には永田町に「武田大臣の秘書官が発熱が続いたのでPCR検査を受けた」という話が出ていました。たとえ感染者がいても、国会は引き続き通常通り運営される予定です。国会の審議にはリモートという概念はないので、議場で行われます。ちょっと怖いですよね。

 以前から、インターネットなどでは、感染爆発や緊急事態宣言の不安もあって、さまざまなデマが拡散されていますね。実は、神澤はその火消し作業にも忙殺されていました。

 特にSNSで拡散される噂は、ほとんどがデマだと思っていただいてもいいと思います。みなさまも直接体験したこと以外は拡散しないようにしたほうが、混乱が少なくて済むと思います。ご協力をお願いします。

「アベノマスク」に世界が失笑

「1住所につき布マスク2枚を送付する」

 ドヤ顔で発表した安倍首相には世界があきれたようで、この政策は海外の報道でも揶揄されていましたね。永田町の住人たちも、「ついに官邸も終わったか。誰も総理に意見できなくなったんだ」と絶望しました。それにしても、何百億円もかけてなぜマスク2枚……という疑問について、経済産業省の浅野大介・サービス政策課長がフェイスブックで説明したところ炎上してしまい、現在は削除されているそうです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ