NEW
住宅ジャーナリスト・山本久美子「今知りたい、住まいの話」

コロナ感染防止に重要、意外と知らない家の正しい換気法&間違いだらけの換気法

文=山本久美子/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ感染防止に重要、意外と知らない家の正しい換気法&間違いだらけの換気法の画像2
「Getty Images」より

 いまや合言葉になっている、3密。その一つが、「換気の悪い密閉空間」。今こそ、換気の重要性が意識されるようになった。

 とはいえ、ドアを開けただけで十分な換気ができる、というわけではない。住宅の室内を上手に換気するにはどうしたらよいのだろう?

換気には風の通り道が必要

 換気の基本は、給気口から入る空気が排気口から出ることで、空気が新しく入れ替わること。つまり、風の通り道が必要だ。ドアを開けて換気口を一つだけ用意しても風は通らないし、空気清浄機やエアコンを付けたからといって室内の換気ができるわけでもない。

 一方、外の空気を取り入れて、室内の空気を外に出すことで、室内の汚染物質を追い出したり薄めたりする効果がある。換気が重要とされるのは、これが理由だ。

 そこで「換気」について、一般社団法人日本建築学会と公益社団法人空気調和・衛生工学会が公表した、新型コロナウイルス感染症制御における換気に関する資料を参考に説明していこう。

 換気にはいくつかの方式がある。まず空気を動かす方法が、窓を開けるなどで開口部から自然に外気が入る「自然換気」と換気扇などの機械を使う「機械換気」がある。風の入り口と出口でこれを組み合わせて使うことができるので、自然換気(開口部)→自然換気、自然換気→機械換気、機械換気→機械換気で換気をすることができる。

 住宅で多いのは、自然換気(窓、壁の換気口など)で給気して、換気扇(キッチン、浴室、トイレ、洗面所に設置)で排気する方法だ。

 また、部屋全体の空気を換気する「全般換気」とトイレやキッチンのように臭い物質のそばですぐに換気する「局所換気」がある。

住宅の換気、大きな分かれ目は2003年

 さて、住宅の換気については、2003年7月に建築基準法が改正され、シックハウス対策として「24時間換気」が義務化された。気密性の高い今の住宅であれば、これ以降は24時間換気システムがほぼ設置されていることになる。

 したがって、24時間換気システムによって2時間に1回程度の割合で住宅内の空気は入れ替わっている。問題は、電気代がもったいないとこのシステムをオフにしたり、風が入って熱効率が悪いと換気口を閉じたりして、正しく使用しないことだ。

 株式会社 CoLifeが実施(2020年3月4日)したアンケート結果によると、「住まいの室内の換気をする場合に行うこと」を聞いたところ、「窓を開ける」が62.1%で最多となり、次いで「換気扇をつける」の18.6%、「空気清浄機をつける」の13 .3%で、「(壁などに設置されている)換気口を開ける」はわずか2.0%だった。

 もちろん、常時空けているのでわざわざ開けないという人もいるのだろうが、「24時間換気システムについて換気口を常時空けておくことが必要だと知っていたか」と聞くと、「知らなかった」が過半数の52.3%だった。正しく設備を使うことができないと、換気効果が失われることを理解しておきたい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ