NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

株式相場が下がった今は本当にチャンス?投資初心者が陥りがちな罠&NISAの注意点

文=西山美紀/マネーコラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

株式相場が下がった今は本当にチャンス?投資初心者が陥りがちな罠&NISAの注意点の画像1
「gettyimages」より

 ネット証券の口座申し込みが増えていると聞きます。実際、コロナショックで相場が大きく下がった頃から、いろいろな人から「今が投資のチャンスでは?」「そろそろ投資を始めてみようと思うのだけど……」という声をたくさん聞きました。

 とはいえ、投資に初チャレンジする人がよく陥りがちなワナがあるので要注意です。勢いで投資を始める前に、まずはそんなワナをしっかり確認しておいてください。

相場の「底」は後からわかる

 株式相場が大きく上下しています。日経平均株価を見ると、今年1月は2万4000円台でしたが、3月には1万6000円台まで下がり、5月上中旬は2万円を前後しています。「2万4000円台の頃を考えれば、今は低いほうなのでは……」「実は、これから先を考えると“底”かもしれない」と感じるかもしれません。

 ところが、本当の「底」は過ぎてからでないとわかりません。後になって「あのピークで売ればよかった」「あそこが底だから買えばよかった」ということはいくらでもわかるのですが、コロナショックを事前に予想していた人がほぼいないのと同様に、未来のことは誰にもわかりません。

 もし「ここが底だ」ということがわかれば、株の購入が殺到して相場が上がり、瞬時に「底」ではなくなってしまうでしょう。

 そのため、投資初心者の方が「今が底だ!」と思って大きなお金を投資するのはやめましょう。この後、さらに「底」がやってきて、「買うのはあのときではなくて、今だった」と思っても後の祭りなのです。

 ですので、「どうやら今、下がっているらしい」という雰囲気だけで手元の大事なお金を投資につぎ込むのは危険です。もし今後、さらに相場が下がってしまったら売るに売れず、手元には現金がなくなるという非常に困った状況になってしまいます。

生活に必要な資金はとっておく

 投資をするとしても、余裕資金で行うことが大切です。余裕資金については、「もしそのお金がなくなったとしても、それ以外のお金で暮らしていけるか、今後欲しいものが買えるか」で考えてみましょう。人によって、1000円、1万円、10万円……と異なるはずです。

 また、イメージで株を買うのも危険です。「今なら医療系のあの会社が伸びそうだ」という印象で株を買ってみても、すでにその情報が知れわたって、高値になっているケースもあるからです。

 筆者も、過去に投資を始めた頃に、何度かそういう失敗をしました。とはいえ、自分のお金で失敗したからこそ、学びになったことも事実です。失敗をしても大丈夫だと思える金額で、勉強代として投資するのもいいかもしれません。

月100円からの積み立て投資も可能

 失敗をするとしても、大きな失敗をすることは避けたいもの。余裕資金がたくさんある人でも、最初は小さな金額から始めることをおすすめします。ひとつの企業の株に投資するほかに、さまざまな企業の株をまとめて買うような商品である“投資信託”という選択肢もあります。

 投資信託なら、ネット証券の一部で月100円という小さな金額から積み立てで買えます。つみたてNISAのラインナップに入っている投資信託なら手数料も低めなので、選択肢のひとつとして参考にしてみてください。

『お金が貯まる「体質」のつくり方』 お金が貯まるかどうかは、年収の差だけではなく、お金の使い方や日々の生活習慣などの「体質」にありました。ストレスなく、幸せになりながらお金が貯まる人になるシンプルな習慣と考え方について紹介。人生をより豊かに、自由に生きるための37のコツをお伝えしています。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事