NEW

マック、この夏不満続出の商品4選…味が濃すぎるマクポ&メガマフィン、甘すぎるシェイク

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

マック、この夏不満続出の商品4選…味が濃すぎるマクポ&メガマフィン、甘すぎるシェイクの画像1

 外食業界が新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦しんでいた1~4月に、“一人勝ち”ともいえる素晴らしい業績を残したのが、マクドナルドだ。

 同チェーンを展開する日本マクドナルドホールディングスが、5月12日に発表した2020年1~3月期の連結決算によれば、その売上高は前年同期比5%増となる722億円。4月の既存店売上高も前年同月比6.5%増と、大きく業績を伸ばしている。

 この好調を支えているのが、客単価の大きな伸びだ。ドライブスルーや宅配サービスの利用者が、家にいる子どもの分まで商品を購入するなど、まとめ買いの注文が増えたことにより、4月の客単価は過去最高の伸び率となる前年同月比31%増を記録したという。

 そんなマックだが、商品のなかには万人にはおすすめできないメニューも混ざり込んでいる。そこで今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この夏、買ってはいけないマックの商品」をセレクト。リサーチや試食を重ねて選んだハズレメニューをご紹介しよう。

マクポ(ベーコンマックポーク)/200円(税込、以下同)

マック、この夏不満続出の商品4選…味が濃すぎるマクポ&メガマフィン、甘すぎるシェイクの画像2

 最初に紹介するのは、昨年7月掲載の『マック、意外にも評判最悪の商品5選…『マクポ』も『グランクラブ』もコスパ超悪?』でも名前を挙げた「ベーコンマックポーク」だ。

“マクポ”という愛称で親しまれているこのメニュー。香ばしさが特長のテリヤキポークパティと、豚バラ肉を使ったスモーキーなベーコンが大きな売りとなっている。公式サイトで「コクと旨みが詰まった一品」と説明されているのもうなずける、ハイクオリティな商品ではある。

 だが、問題となってくるのは、その価格設定だ。ビーフパティを用いた「ハンバーガー」が110円で販売されているにもかかわらず、ポークパティにベーコンを挟み込んだにすぎないマクポに、ハンバーガーより90円も高い値段が付けられているのだ。このことに納得がいかない利用者は多いようで、数多くの不満の声がネットに寄せられている。

 また、全体をまとめているガーリックペッパーソースの味付けが濃すぎると感じる人も少なくないようだ。マックでまとめ買いをする際、バーガーの種類をバラけさせるために、なんとなく注文してしまわないよう注意してほしいメニューだ。

メガマフィン/350円

マック、この夏不満続出の商品4選…味が濃すぎるマクポ&メガマフィン、甘すぎるシェイクの画像3 開店から10時30分までの時間帯で展開されている「朝マック」。このモーニングサービスで販売されている限定メニューのなかから、“買ってはいけない”として紹介したいのが「メガマフィン」だ。

 オリジナルのイングリッシュマフィンに挟み込まれているのは、ケチャップと焼いた卵、チーズ、スモークベーコン、そして2枚のソーセージパティ。ボリュームたっぷりで、コスパ良なのは嬉しいところだが、その味わいがかなり濃厚に仕上げられているので、朝から食べるには「しつこい」と感じてしまう人も多いはずだ。

 また、一個の標準製品カロリーが695kcalと、非常に高いのも気になるところ。朝からエネルギーを蓄えたい人にはぴったりだが、薄着になる夏にダイエットをしたい人にとっては、大マイナスポイントだと言わざるを得ないだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ