NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

“●●Pay”などのキャッシュレスに切り替えたら、9カ月で計5万円もトクしていた

文=黒田尚子/ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

“●●Pay”などのキャッシュレスに切り替えたら、9カ月で計5万円もトクしていたの画像1
「Getty Images」より

 2019年10月の消費税増税に伴って経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」が、2020年6月30日で終了した。政府は、さらにキャッシュレス決済(以下、キャッシュレス)を定着させるべく、今度は総務省が2020年9月より「マイナポイント事業」を開始する予定だ。しかし、キャッシュレスについては選択肢が多岐にわたり、使い過ぎや家計管理の難しさを訴える声もある。

 今回は前編・後編の2回にわたり、ファイナンシャル・プランナーとして今回の還元事業を振り返りつつ、9月からスタートする「マイナポイント」の概要とキャッシュレス時代の家計管理について考えてみたい。

20代・30代を中心にQRコード決済が急増

 まず、今回の還元事業について、おさらいしておこう。同事業はキャッシュレス対応による生産性や消費者の利便性の向上を主な目的として、消費税率引上げ後の9カ月間限定で、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったポイント還元を支援するというもの。

 一般的にキャッシュレスの種類として、クレジットカードやデビットカード、電子マネー(Suica、nanacoなど)、QRコード決済(PayPay、LINEPay、楽天Payなど)がある。今回の還元事業は、これらのいずれかの方法で支払えば、店舗によって5%のポイントの還元が受けられた。

 とくに、利用者を伸ばしたのがQRコード決済だ。PayPayが100億円還元を打ち出して注目を集め、それに負けられないとばかりに、各社が顧客獲得のために、さまざまなキャンペーンを展開。もはや、どれだけの種類があるのかわからないくらいの「〇〇ペイ」が存在する。

 消費者や事業者を対象にしたキャッシュレス調査でも、スマートフォンの QRコード決済を「1週間に1回以上利用している」と回答した人は、2019年6月時点で8.2%だったのに対して、2020年5月時点で17.4%と倍増している。

 利用する決済方法を年代別にみると、クレジットカードは50・60代の利用が多いが、QRコード決済は20・30代の利用が多いという(図表参照)。

“●●Pay”などのキャッシュレスに切り替えたら、9カ月で計5万円もトクしていたの画像2
※出所:一般社団法人キャッシュレス推進協議会 (ポイント還元事業補助金事務局)「キャッシュレス調査の結果について」(2020年6月)

結局、どれくらいおトクだったのか?

 かくいう筆者も、消費増税をきっかけにQRコード決済を使い始めた一人である。当初はセキュリティなどが心配だったが、慣れてくると、財布は不要でスマホさえ持って出かければ、すべてが事足りるのだから便利なものだ。今ではすっかり抵抗感がなくなり、逆に使えない店舗があると「え?使えないの?」とさえ感じてしまう。慣れとは恐ろしい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ