NEW

楽天ペイ・Suicaの提携は最強?スマホ決済、PayPayと一騎打ちでサバイバル突入?

文=深笛義也/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

楽天ペイ・Suicaの提携は最強?スマホ決済、PayPayと一騎打ちでサバイバル突入?の画像1
楽天ペイ」のサイトより

 硬貨や紙幣を触ったりATMを操作する時に、ウィルスを拾ってしまうのではないか。コロナ禍でそんな懸念を持つ人々が増え、スマートフォンを使った支払い、スマホ決済はさらに注目されている。

「スマホ決済は、サバイバルの時代に入りました」

 そう語るのは、消費生活評論家の岩田昭男氏である。

「昨年の6月に突然、楽天ペイSuica(JR東日本)が今後コラボしますという記者会見が行われて、今年の5月に楽天ペイのアプリでSuicaが使えることになりました。事業提携の話を1年も前に発表するなんて、これまで聞いたことがありません。Suicaはどこでも欲しがっていたものなので、くさびを打つ目的があったのでしょう。

 NTTドコモとSuicaが組むというのも十分あり得ました。ただ、もともとはどちらも三公社五現業。ドコモの元は電電公社で、JRの元は国鉄。民営化されてからもそれぞれ業界の雄だから、かえってやりづらいということはあったかもしれません。

 楽天がなぜ手に入れられたかというと、楽天Edyがあった。Edyは2001年にソニーが開発した非接触ICチップFeliCaを搭載したカードなどとして登場しましたが、業績が悪くて誰も買い手がなかったのを、2009年に楽天が傘下に収めて、楽天Edyになりました。SuicaもFeliCaを使ったもので、EdyとSuicaは兄弟みたいな関係です。技術者同士の親交もあった。楽天とSuicaがくっつく素地はあったわけです」

 Suicaは、PASMOなど他の交通系決済と相互利用ができるので、全国の約5000駅、バス約5万台、電子マネーとして約94万カ所で使える。

「みずほ銀行と提携したMIZUHO Suicaは、みずほ銀行の口座から直接Suicaにチャージできるというにすぎません。楽天は、楽天市場から出発して、旅行、金融、通信など70を超えるサービスを展開して楽天経済圏を築いています。ここに交通が加わったわけです。多くの人々は通勤通学で最低でも1日2回はSuicaを使うわけで、暮らしの導線にしっかりと組み込まれたことになります。楽天の利用者はネット好き、スマホ好きなので、その意味でもマッチしているといえます。

 これで楽天はビッグデータを手にすることになったとも考えられます。Suicaの利用履歴が販売されていることが2013年にわかって批判を浴びて、そのあたりのことは慎重になっています。だから個人の利用履歴ということではなくて、年齢層や性別による傾向をまとめるということになると思いますけど、楽天経済圏のデータと組み合わさると、かなり強力なものになるでしょう」

ソフトバンク、巨大なスマホ決済層を手中に

 ソフトバンクは、ビッグデータで新たな試みを行っている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ