『フォートナイト』削除、エピックvsアップル対立激化は米国vs中国代理戦争かの画像1
「Tencent腾讯」公式サイトより

 オンラインTPSゲーム『フォートナイト』を開発する米エピックゲームズと、米アップル、米グーグル両社との対立が激化している。表向きは世界的なプラットフォームを持つ2大IT企業に対し、エピックが自由競争を呼びかけて挑戦する構図だが、一連の米中対立の延長ではないかとの声も聞かれる。

 『フォートナイト』はパソコン、タブレット、スマートフォン向けに配信され、全世界3億5000万人以上のプレーヤーを抱える大人気ゲームだ。事の発端はエピックが、『フォートナイト』内のアイテム購入で、アップルの課金システムを回避する「エピック・ダイレクト・ペイメント」を導入したことだった。

 アップルやグーグルはアプリ開発者に対して、ユーザーが課金した際30%の手数料を払うよう求めている。エピックは以前から「手数料が高額すぎる」などとこのシステムに反発し、アップルやグーグルに対して引き下げなどを求めていたが、両社はこれに応じなかった。

 アップルはこの行為が規約違反であるとして、アプリ配信サービス「アップルストア」から同ゲームを削除した。これに対して、エピックは13日、スマートフォンのアプリ内課金システムなどが独占に当たるとして、アップルとグーグルをカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提訴した。一方、アップルは翌14日、アップル全製品向けのエピックの開発者用アカウントを今月28日までに終了すると通告。双方の応酬が激化している。

両者の紛争に中国テンセントの影

 ゲーム総合メディア「ファミ通」が今年1月29日に発表した『ファミ通モバイルゲーム白書2020』によると、2019年のモバイルゲーム市場は前年比103.3%の7兆1840億円。堅調に成長しつつある将来有望な巨大市場だ。ちなみに世界全体の6割を占めるアジアが4兆1016億円、北米が1兆7064億円、ヨーロッパ8757億円だった。

 この魅力的な市場を巡り、米国内ではアップル、グーグルがスマートフォン向けアプリ開発者に求める30%の手数料が、たびたび議論になってきた。それが今回、あらためて表面化したともいえる。だが、この時期に同問題が顕在化したことに対していぶかしむ声もある。ゲーム市場に詳しい経済産業省関係者は次のように話す。

「単純に米国の巨大IT企業同士の自由競争をめぐる争いならいいのですが、問題はエピックの背後に中国大手IT企業テンセント(腾讯)がいることです。テンセントはエピックの株式の40%を保有する大株主です。またテンセントは『PUBG MOBILE』や『League of Legends』など世界的なスマートフォン向けゲームの制作や運営をしていることでも知られています。この中には米国ゲームメーカーから委託されている作品も多数あります。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ