NEW

意外におトクなFamiPay、Amazon Pay!20%還元やポイント3重取りも!

取材・文=清談社
【この記事のキーワード】

, ,

意外におトクなFamiPay、Amazon Pay!20%還元やポイント3重取りも!の画像1
サイト「Amazon Pay」より

 残念ながら今年の6月末で終了してしまったキャッシュレス決済の消費者還元キャンペーン。経済産業省が旗振り役だっただけに、スタート前から賛否両論あったが、結果的にキャッシュレス化を推進したことは間違いない。

 新たなキャッシュレス決済サービスも数え切れないほど立ち上げられ、なかでも圧倒的な営業力で加盟店を増加させ、盛大なキャンペーンを行った「PayPay」をはじめ、「楽天Pay」「LINE Pay」など、それぞれが独自色を打ち出してシェアを席巻。しかし、その陰で「セブンペイ」(2019年9月終了)、「オリガミペイ」(2020年4月終了)など、志半ばでサービスを終了させてしまったものもある。大手の寡占が進みつつも、まだまだマイナーなキャッシュレス決済サービスも奮闘しており、残り少ないパイを奪い合っているという状況だ。

 そこで今回はメジャーサービスに隠れてはいるが、シーンや生活スタイルによっては便利でお得に使えるコード決済サービスを紹介する。

QUOカードPay

 ギフトとして、今でももらうことの多いQUOカード。コンビニや書店、ドラッグストアなど多くの店舗で利用できる高い利便性が特徴だが、最近ではスマホにデジタル版のQUOカードを送ることもできるようになり、「QUOカードPay」というサービスに進化している。

 使い方はいたって簡単で、専用アプリを利用するだけ。さらにもうひとつ、アプリを使わなくても送られてきたQUOカードのURLからバーコードを表示して使うこともできるのが特徴だ。この場合は会員登録などが不要で、バーコード提示のみで利用が可能。URLをブックマークすればいつでも使える。

 アプリ版の利点は、もらったURLをタップしたときに自動でアプリが起動し、その際には残高も表示される。さらに、アプリであれば複数のQUOカードPayをまとめることもでき、有効期限の早いものから支払われるので、無駄なく利用することが可能だ。

 従来の磁気カードに空いた穴でなんとなく判別するような残高照会ではなく、スマホで確実に残金が管理ができ、かつ現金との併用も可能なので使い勝手は良好だ。

FamiPay

 コンビニ系で唯一、独自のバーコード決済を行っているファミリーマート。彼らが運営するのが「FamiPay」である。このアプリはファミマヘビーユーザーなら絶対に持っておきたいところだ。

 FamiPayは現金とクレジットカードのどちらでもチャージができるが、クレジットカードでチャージすればポイントの3重取りが可能だ。クレジットチャージに使用できるカードはファミマTカードのみ。わざわざつくるのが面倒だと思うかもしれないが、年会費は無料なので持っていない人はFamiPayのためにつくっても損はない。

 まず、FamiPayを利用すると0.5%の基本還元が受けられる。これは「FamiPayボーナス」とよばれるポイントで還元されるのだが、貯まるのはそれだけではない。Tカードを提示すれば、Tポイントも0.5%還元されるのだ。これは前述のファミマTカードを紐づけていれば自動的にどちらも提示したことになるので、合わせて1%の還元は確保できる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ