NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

60歳以上の年金生活者でも新築マンションを買える!「リ・バース60」利用者増加

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

60歳以上の年金生活者でも新築マンションを買える!「リ・バース60」利用者増加の画像1
「Getty Images」より

 少子高齢化がますます進行するわが国で、高齢者が住宅市場でも存在感を発揮しています。年金生活のなかでも家を建てたり、買ったりする人がいるかと思えば、首都圏では70代以上のシニアが、7000万円近い新築マンションを買っているのです。そのがんばりの秘訣はどこにあるのでしょうか。

住宅ローンの完済時年齢満80歳未満がネックに

 60歳を過ぎれば住宅ローンを組めないので、マイホーム購入や建設はガマンして古くなった家に住み続けるしかない――そんなイメージは昔話になっているようです。いまどきのシニアは、年をとってからでも新たな住まいの建設、取得に前向きで、実際に多くの人が高齢期に入ってからの“終の住処”の獲得に成功しています。

 それも資産がタップリあって、余裕を持ってマイホームを取得する人だけではありません。ほとんど所得がなく、収入といえば年金だけという人も、最近は家を建てたり、買ったりできるようになっているのです。

 通常、民間住宅ローンには借入時の年齢が満70歳まで、完済時年齢は満80歳未満までといった規定があります。したがって、65歳以上の高齢者でも一定の年収があれば、住宅ローンの借入れは可能ですが、利用できる返済期間は14年以内までに限られます。そうなると、かなりの年収がないと住宅ローンを組むことは難しく、高齢期に入ってからのマイホーム取得は難しいのが現実でした。

60代以上限定の「リ・バース60」利用者が増加

 そんななか、いま秘かに注目を浴びているのが、住宅金融支援機構が実施している「リ・バース60」という、原則的に利用者を60歳以上に限定した、リバースモーゲージ型の住宅ローンです。

 最大の特徴は、住宅ローンの返済において、元金は据え置き、金利支払いだけでOKという点です。元金は利用者が亡くなったときに、相続人が一括返済することになります。一括返済できる現金が手元になければ、「リ・バース60」で取得した住まいを売却して支払うかたちでもOKです。売却代金では残高をカバーできない可能性もありますが、ノンリコース型の「リ・バース60」にしておけば、売却代金以上の支払い義務がなくなるので、相続人の不安もなくなります。

 それもあって、このところ、この「リ・バース60」の利用者がジワジワと増加しています。住宅金融支援機構によると、2020年4月~6月の「リ・バース60」の申請戸数は前年同期比で8.6%の増加でした。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあって、住宅ローン全体の申込件数が減少しているなかだけに、ひときわ目立つ存在といっていいでしょう。

利息返済だけなので毎月返済額は大幅に軽減

 この「リ・バース60」の利用者プロフィールをみると、平均年齢は70歳で、年収の平均は360万円。取得した住宅の平均価格は2743万円、借入額の平均が1462万円で、毎月の支払額の平均は2.9万円だそうです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ