この秋、ヤフオク!で買うべきソロキャンプグッズ5選!ノースフェイスの希少品もの画像1
ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ」より

 新型コロナの影響を受けて大人数で楽しむレジャーが自粛されていることもあり、ひとりでゆったり自然と触れ合うことのできる「ソロキャンプ」の人気が高まっている。紅葉が見頃を迎える秋は、夏場に比べて山やキャンプ場に人が少なく、自分だけの時間を過ごすには最適のタイミングだ。

 そこで今回は、海外でしか買えないアイテムも数多く出品されている「ヤフオク!」で見つけた、これからの季節に活躍すること間違いなしのソロキャンプグッズを紹介しよう(各種情報は調査時点)。

ソロストーブレンジャー 焚き火台

 秋キャンプの一番の醍醐味は、何と言っても「焚き火」。日が暮れて気温が下がっても体を温めてくれる上に、揺れる炎を見つめることでヒーリング効果も期待できる。

 一方で、初心者にとって薪などの自然素材で勢い良く火を起こすのは難しい。しかし、この「ソロストーブレンジャー」は燃焼効率が高く、ガスや石油を使わずともスピーディに着火することができるので、誰でも簡単に焚き火を堪能することができるのだ。

この秋、ヤフオク!で買うべきソロキャンプグッズ5選!ノースフェイスの希少品もの画像2

 特筆すべきは、特許取得の独自構造により、火力は十分にも関わらず、煙がほとんど出ないという点。純度の高い美しい炎を立ち昇らせることができるので、キャンプ初心者からコアな焚き火ファンまで、幅広い層にオススメだ。ヤフオクでは外装にわずかなヘコみなどがあるが、使用には支障のない同アイテムがお値打ち価格で頻繁に出品されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

パップテント T/C 320

 秋のキャンプに欠かせない焚き火だが、飛び散った火の粉でテントに穴が開いた、なんて話もよく聞く。難燃性のT/C素材を使ったこの「パップテント T/C 320」なら耐火性に優れているので、テントの近くで焚き火をしても安心だ。

この秋、ヤフオク!で買うべきソロキャンプグッズ5選!ノースフェイスの希少品もの画像3

 火に強いことに加え、真ん中に柱を立てない仕様なので、空間を広々と使えるのもうれしいポイント。ソロキャンプとはいえ、狭いテントの中で窮屈な思いをするのは嫌だ、という人でも満足して使えること間違いなしだ。

 もともと、レジャー目的ではなく軍隊で使うために開発されたというパップテント。厚手の丈夫な素材で使えば使うほど味が出るため、ヤフオクに出品されている中古品でも、十二分にソロキャンパーのニーズを果たしてくれるだろう。

ノースフェイス マミー型シュラフ

 快適なソロキャンプを実現する上で、鍵になるのが寝袋選びだ。とりわけ秋は昼と夜の寒暖差が激しいので、防寒面を考慮に入れたい。その点、この商品はマイナス7℃まで対応する抜群の保温性を誇り、秋のソロキャンプの力強い味方になってくれること請け合いだ。

この秋、ヤフオク!で買うべきソロキャンプグッズ5選!ノースフェイスの希少品もの画像4

 ノースフェイスといえばダウン(羽毛)素材を用いたアイテムで有名だが、周知の通り、羽毛は雨に弱く、濡れると保温機能が失われるというデメリットを持つ。しかし、本製品には「HEATSEEKER」という新素材が用いられており、ダウンと同レベルの保温性に加え、濡れても機能が低下することがないため、突然の雨に見舞われてもへっちゃらだ。

 こちらのタイプはアメリカ直営店でのみ購入できる希少品でもあるので、ヤフオクで見つけた際は、迷わず即決価格で落札してもいいだろう。

関連記事