ダイソー「ブラシケアネット」、猫好きの間で人気急上昇…「猫を飼ってなくても広めたい」の画像1
「Getty Images」より

 外出前や風呂上がりなどに髪を梳かすと、ブラシに髪の毛が絡まりつくのが気になるという方も多いだろう。そんな悩みを解消するためのグッズとして発売されている、ダイソーの「髪の毛・ホコリがまとめてとれる!ブラシケアネット(40枚入り)」(100円+税)が、意外にも犬・猫の愛好家の間で人気が高まっている。

 きっかけはあるユーザーがTwitter上に「猫ブラシに使うとめっちゃ便利」と書き込んだことによる。

 秋は換毛期といわれ、犬や猫は毛が生え変わる時期で、非常に多く抜ける。ペットを飼っている方なら、誰もがブラッシングの際にブラシに絡みつく毛の始末に苦労した経験があるだろう。

 そんなとき、このブラシケアネットをブラシにセットしてからブラッシングを行い、最後にそのネットを剥がせば、まるでフェルトシートのようにペットの毛がまとまって取れるのだ。

 この便利な使い方を知った方々からは、歓喜の声が続出。

「これ絶対便利! 明日ダイソーに行きます!」

「猫用のブラシにも使えるんだね。早速やってみよう」

「この髪の毛取れるシート、昔使っていたけど今は売ってる店がなくなったから探してたんだ。ダイソーで売ってるとは!」

「これは朗報! 猫を飼ってなくても広めたい情報だ」

 ほかにも、「猫の毛でフェルトがつくれそう」「私もやってる!」といった反響もある。また、「スリッカー(ペット用のブラシ)の根元にコームの柄の部分を差し込めば、スルッと毛が取れますよ」と、ネットを使わなくてもブラシから毛を除去する裏ワザを声も散見される。

 最近は、YouTubeにペット動画を上げている方が増えているが、全世界に向けて公開する際には、ブラッシングをして見た目を整えてあげるというケースも多々あるだろう。そんなときにも役立つ情報だろう。

 ちなみに、このブラシケアネットは筒状になっており伸縮性も高いので、コームタイプやロールタイプなど多様な形状のブラシに使えるが、獣毛ブラシのような柔らかく密度の高いブラシには使用できないので、注意が必要だ。

(文=編集部)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事