六代目山口組系組員の犯行! 尼崎銃撃事件の犯人逮捕「予定された自首」「古川組組長が狙われた理由」の画像1
捜査車両が多数集まった、発砲事件後の現場

 11月5日、兵庫県尼崎市内の警察署に1人の男が出頭してきた。男は、六代目山口組の二次団体・三代目司興業の幹部、藤村卓也容疑者。11月3日に同市内で起きた、神戸山口組若頭補佐でもある三代目古川組の仲村石松組長と同組舎弟頭を銃撃し、負傷させた事件にかかわったとして出頭し、その後、逮捕されたのだ。

 事件から2日という短期間での自首となったわけだが、業界内では、犯人は早々に名乗り出るだろうという見方があった。

「もし、犯行が六代目山口組サイドのものであれば、これまでも発砲事件などのヒットマン(実行犯)は早期に自首しています。それが殺人や殺人未遂のような長期刑にあたる罪とわかっていたとしても、です。犯人はそれだけの覚悟の上で犯行に及んでいるということ。昔から、事件後にヒットマンが自首することには、2つの意味があるとされていました。ひとつは『攻撃をしたのは我々だ』と内外に知らしめるための犯行声明的な意味。そしてもうひとつは、犯人が自首することで、捜査に蓋をさせるためです。犯人が逃げれば逃げるだけ、当局の捜査は広範囲に及び、組織的であったかのように解釈され、組織幹部にまで当局の手が伸びる可能性が出てきます。捜査を早めに終わらせ、逮捕者を必要最小限にとどめるためにも、早めの犯人の自首が必要なのです。それによって、事件を早期解決したい当局の面子も保たれます」(犯罪事情に詳しい専門家)

 犯人が長期刑を覚悟してまで自首することは、そもそもはヤクザ社会全体においても“誉れ”とされていたのだが、時代が変わり、逮捕された際の刑期が長期化したため、そうした風潮が変わりつつあった。事実、2017年に起きた絆會の織田絆誠会長(当時は任侠山口組代表)襲撃事件では、同組組員が犠牲になっているが、犯人として指名手配された神戸山口組系組員はいまだに逃走を続けている。

 一方、六代目山口組サイドは、今日でもヒットマン自らが自首するというスタンスを取り続けているというのだ。

「それは組織的な戦略というより、六代目山口組の組員一人ひとりが、この山口組分裂問題を終わらせるという強い気持ちが作用しているから、できることなのかもしれません」(前出の専門家)

威嚇目的ではない「覚悟を決めた」の発砲だった!?

 そして、大方の予想通り、今回も神戸山口組幹部を狙った発砲事件の犯人として、六代目山口組系組員が名乗り出てきたのだ。だが、出頭してきた藤村容疑者の逮捕状が執行されるまでには、半日近い時間を要することになったようだ。

 「まず、藤村容疑者が犯行に使用された拳銃を所持していなかったこと。また、現場から逃走する犯人の姿をドライブレコーダーが撮影していたのだが、その人物と同一であると断定しにくかったことなどから、身代わり出頭の可能性も否定できなかったのでしょう。そのため、藤村容疑者が自首した警察署には多くの報道関係者が詰めかけていたのですが、そんな中、1人の男性が署内へと入って行きました。それが今回銃撃された仲村組長だったようで、犯人に対する面割(事件当事者に容疑者を見せて、犯人かどうかを確かめる行為)が行われたのではないかと思われます。この面割が、容疑者逮捕の大きな材料になったのでしょう」(実話誌記者)

 また、藤村容疑者が出頭した後、同じ事件にかかわったとして、別の人物も出頭してきたのではないかという情報も流れたが、事実関係は定かになっていない。

 藤村容疑者の容疑は、仲村組長と同組舎弟頭に対する殺人未遂。犯人が放った銃弾は、仲村組長の両太腿へと命中し、右太腿に不全骨折という重傷を負わせた。舎弟頭は、犯人を追いかけようとした際に撃たれ、左手の手首付近を銃弾が貫通している。2人とも命に別状はなかったが、身体に銃弾を浴びているのだ。威嚇目的での発砲ではなく、危害を加えることが目的だった可能性が高く、前述の通り、長期刑は避けられない罪に問われるわけだが、犯人は、それを理解した上で出頭してきているのだ。これこそ、六代目山口組のスタンスの現れといえるだろう。

関連記事