NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

認知症は40代から無自覚に進行、「新常識」に驚愕…早期治療で9割が回復するリコード法

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

認知症は40代から無自覚に進行、「新常識」に驚愕…早期治療で9割が回復するリコード法の画像1
「Getty Images」より

「人生100年時代」となった現代。人々の興味は、単に寿命を延ばすことではなく「健康寿命」をいかに長くするかということにシフトしている。健康意識が高い昨今、アンチエイジングのために筋トレを行ったりスポーツジムに通うミドル・シニア世代も多いが、脳の機能低下を防ぐことにも注目してほしい。

 脳の機能低下といえば、認知症が真っ先に思い浮かぶ。実は、これまでの医学では、認知症の「末期」の状態を「早期」と診断していた。本来、認知症は40代頃から明確な症状がないまま脳の中で着々と進行していく。そして、60代頃になって症状が現れたときにはすでに「末期」へと近づいている。

 アラフィフ、アラフォーともなれば物忘れが多くなるが、加齢と片付けず、自身の脳と向きあう良いチャンスであると捉えるべきだろう。物忘れが多いと感じる場合には、軽度認知症、すなわち「MCI(Mild Cognitive Impairment)」を疑ってみたほうがいいだろう。

 MCIとは、一言で言えば「認知症の一歩手前」の状態であり、物忘れのような記憶障害があるが日常生活にほぼ支障はなく、認知症ではない。しかし放置すれば、脳機能の低下は進行し、認知症となる可能性が高い。MCIの段階で適切な治療を行えば、脳機能の低下は回復する可能性は高くなる。

 その治療法として、「リコード法」が注目されている。リコード法は、早期なら約9割が快復するという革命的認知症治療である。日本初のリコード法認定医でブレインケアクリニック理事長の今野裕之医師に話を聞いた。

 

 認知機能の低下(COgnitive DEcline)の回復(Reversal)という3つの単語の頭文字から名付けられたリコード法は、30年以上にわたり脳の研究を続けてきたデール・ブレデセン医師によって確立された。これまでの医療で行われてきた治療は、その要因のひとつ「アミロイド仮説」をターゲットにしていたにすぎないが、リコード法では脳を認知症へと蝕む「36の要因」があることを解明し、それらは大きく以下の6つにタイプ分けされている。

1.炎症性 感染症などによる炎症
2.萎縮性 ホルモンやビタミンなどの不足
3.毒物性 重金属などの毒素
4.糖毒性 高血糖
5.血管性 血管の病気の併発
6.外傷性 頭部のケガなど

 要因は患者によって異なるため、患者の状態によりオーダーメイド治療を行う。その要因を特定するためには、さまざまな検査が必要となる。現在の医療制度では、リコード法は自由診療であるが、今野医師のもとを訪れる患者は後を断たないという。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合