埼玉県警「市役所職員を装う特殊詐欺電話に注意」→「本物の市役所でした」勘違いの顛末の画像1
「Getty Images」より

「還付金が受けられる」などと告げて口座情報を聞き出す“還付金詐欺”、「未払い金があるので至急振り込んでほしい」などと架空の債務によってお金を振り込ませる“振り込め詐欺”など、お年寄りを食い物にする特殊詐欺は、手口を多様化しつつ、毎年多くの被害を出している。警察庁がまとめた2019年の特殊詐欺の認知件数は、前年比5.6%(1008件)減の1万6836件、被害額は同21.3%(81億4000万円)減の301億5000万円だった。

 兵庫県宝塚市の中川智子市長も、被害に遭いかけたと同市の広報誌12月号で明かし、市民に注意喚起をしている。市長は10月下旬、携帯電話に「利用料が未納なので電話をください」というショートメール届いたことから電話をかけると「29万円をすぐに振り込まないと、大変なことになる」などと督促を受けたという。「別の人に代わる」と告げると電話が切れたものの、危うく騙されるところだったと述懐している。そのうえで、「市役所から医療費の還付金などでいきなり電話をすることはない。気をつけてほしい」と注意を促した。

 そんななか、埼玉県警の発信したツイートが話題になっている。

「【特殊詐欺情報】 本日(11月28日(土))、鴻巣市で、市役所職員を装う者から『敬老祝い金があります。銀行の口座番号を教えて下さい。』等の詐欺電話が確認されています。 被害に遭わないために、留守番電話に設定するなどし、不審な電話に出ない対策をしましょう」

 11月28日、特殊詐欺とみられる電話が埼玉・鴻巣市内で確認された、と注意を促す内容だ。だが、それから1時間もしないうちに、次のようなツイートを発した。

「【特殊詐欺情報~解決】 本日(11月28日(土))、鴻巣市で、市役所職員を装う者から『敬老祝い金があります。』等の詐欺電話が確認されていますとお知らせしましたが、詐欺電話ではなく、実際に市役所職員が該当者に対して電話連絡していることがわかりました。ご協力ありがとうございました」

 先のツイートで注意を促した電話は、特殊詐欺ではなく本物の市役所からのものだったというのだ。市役所から土曜日に、銀行口座番号を聞く電話がかかってきたということで詐欺と勘違いしたようだが、実際の顛末を鴻巣市役所・福祉課に問い合わせてみた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合