「オンライン初詣」「キャッシュレス賽銭」は日本人に定着するのか?神社仏閣の意外な本音の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスが収束せず、日本は今まで経験したことのない年明けを迎えている。外出の自粛や3密の回避が取り沙汰される中で、年始の「初詣」をどうすればいいのか、と考えている人も多いだろう。すでに、2020年5月頃から「リモート参拝」を打ち出す神社や寺が現れており、東大寺や神田明神、石穴稲荷神社などの有名どころも参入している。

 この「リモート参拝」は、神社仏閣の写真や動画を参拝者がパソコンやスマホで見られるようにし、ご祈祷や参拝を遠隔で行うというものだ。お賽銭やおみくじなどはQRコードでのスマホ決済、お守りや御朱印、写経はホームページから注文できるところもある。

「コロナや人混みを気にしないで参拝ができる」「家にいながら参拝ができるから便利」と、参拝者の間では好意的な意見が多いが、この試みは運営する側にとっても参拝者側にとっても、まだ手探り状態だ。

オンライン祈祷は申し込みゼロ

「私どもの神社では20年6月よりオンラインのご祈祷を受け付けたのですが、申し込み件数はゼロでした。やはり、オンラインでの祈祷などあり得ないと考えている方が圧倒的に多いのだと思います。こちらとしては、残念な気持ちもあり、うれしさもあり、という複雑な心境ですね」

 そう話すのは、福島県の隠津島神社の神主・安部章匡さんだ。「うれしさ」とは、どういうことなのだろうか。詳しく聞いてみた。

「オンラインではご利益を享受できないだろう、と考えている方が多かったということですね。神主としても、参拝は神様のそばまでいらしてから祈念していただきたいと考えていましたが、みなさまも同じ感覚だったのでホッとしたということです。もちろん、私どもの神社が東北地方にあり、比較的保守的な地域だということもあると思いますが……」(安部さん)

 安部さんによると、神社仏閣のシステムというのは、参拝者がご利益や神様を感じられるように、先人達がいろいろと工夫して1000年以上をかけて設計されてきたものだという。鳥居をくぐり、手水舎から出ている水で口をすすぎ、掃き清められた参道や階段を渡りながら木々や自然を感じ、少しずつお堂に近づいていく……。そうした行為がすべて、神様に触れ合いに行く流れとして機能している。

 これらをすべて省略して「最初からオンライン参拝でいい」ということになってしまうと、足を運んだからこそ得られる感覚が否定されてしまうのではないか。そんな懸念が、安部さんにはあるという。

「実際に、私の周りの神職の方々のほとんどは『オンライン参拝は受け入れがたい』と口にしています。神社には本宗の伊勢神宮を仰いでいる神社が約8万社あり、その各都道府県の神社を神社本庁が統括しています。その本庁も、今のところはオンライン参拝、お賽銭やご祈祷のキャッシュレス決済には否定的な見解を示しています」(同)

 神社本庁がオンライン参拝に反対するのは、情緒的な問題だけではない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合