中古マンション、東京駅まで60分以内の最安値は1050万円!トップ10を埼玉&千葉が独占の画像1
七里駅(「Wikipedia」より)

 リクルート住まいカンパニーが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)」が発表した「『東京駅』まで60分以内、中古マンション価格相場が安い駅ランキング 2020年版」によると、1位は東武野田線の七里駅、2位はJR高崎線の桶川駅、3位は同じく高崎線の北本駅となった。テレワークが進む中で埼玉県と千葉県の人気が表れた同ランキングについて、「SUUMO」副編集長の笠松美香氏に話を聞いた。

1位の七里駅は1050万円

――ランキングの結果から教えてください。

笠松美香氏(以下、笠松) 以下の通りです。今回、対象としたのは駅徒歩15分以内にあるファミリータイプの中古マンションです(駅/価格相場/沿線/所在地/東京駅までの所要時間/乗り換え回数)。

1位/七里/1050万円/東武野田線/埼玉県さいたま市見沼区/51分/1回

2位/桶川/1385万円/JR高崎線/埼玉県桶川市/50分/0回

3位/北本/1400万円/JR高崎線/埼玉県北本市/55分/0回

4位/白井/1515万円/北総線/千葉県白井市/50分/2回

5位/元山/1535万円/新京成線/千葉県松戸市/47分/1回

5位/天王台/1535万円/JR常磐線/千葉県我孫子市/43分/0回

7位/三郷/1580万円/JR武蔵野線/埼玉県三郷市/45分/2回

7位/流山/1580万円/流鉄流山線/千葉県流山市/56分/2回

9位/北柏/1590万円/JR常磐線/千葉県柏市/44分/1回

10位/村上/1730万円/東葉高速鉄道/千葉県八千代市/53分/1回

 埼玉県と千葉県の駅で占められる結果となりました。

――どちらも東京のベッドタウンとしての性質を持っている地域ですが、利便性の違いなどはあるのでしょうか。

笠松 今、埼玉県は人口流入が増えています。西武線、東武東上線、JR各線が都心に向かっているため、都心に通勤する人にとっては非常に利便性が高いです。また、分譲価格も都内より圧倒的に安いので、今後も人口増加傾向は続くのではないでしょうか。一方、千葉県は東京の東に位置している関係上、都内の東側への利便性は高いですが、西側へのアクセスは悪いです。そのため、渋谷駅や新宿駅を基点とする調査では分が悪いのですが、埼玉県は東京駅に加えて新宿駅や渋谷駅への利便性も高く、人気の要因となっています。

――1位の七里駅は2位以下を大きく引き離す安さですね。

笠松 埼玉県さいたま市に位置する七里駅から東京駅へは、東武野田線で4駅・約10分の大宮駅に行き、JR上野東京ライン直通の高崎線またはJR東北本線に乗り換えると約50分で到着します。この経路の列車は7~8時台に加え9時台にも何本も走っており、時差通勤にも対応できそうです。

 現在、七里駅は駅舎の改修が進行中です。2023年度中の完成を目指して、橋上駅舎化と、駅北側からのアクセスが向上する南北自由通路の整備が行われています。また、駅北側の再開発も進められており、将来的には北口駅前広場ができるほか、公園や幹線道路の整備も計画されているため、非常にポテンシャルの高い地域といえます。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合