当落の差は63票…小金井市議選の開票、なぜ翌朝4時過ぎまで当落が判明しなかったのかの画像1
「getty images」より

 21日に投開票された千葉県知事選。投票終了直後の午後8時過ぎ、前千葉市長の熊谷俊人氏(無所属新人)の当選確実が各メディアで速報され、全国的な注目を集めた。ちょうどそのころ、同日投開票された東京都小金井市議会議員議選では、後に延々と続くことになる開票作業が始まっていた。開票作業は延々7時間半に及び、候補者の当落が完全に判明したのは22日午前4時27分だった。いったい何があったのか。

 朝日新聞デジタルは22日、その現場に居合わせた記者のルポ『遅れに遅れた開票、記者も次々と…小金井市議選、外は朝』を公開。悶々とする陣営関係者や記者の姿を以下のように伝えている。

「開票発表が遅れるにつれて、取材に当たっていた記者も1人去り、2人去り――。会場で開票作業を見守っている人たちも、当選者が読み上げられた午前4時45分ごろには数人まで減っていた。新聞紙をかぶって、床に横たわる人もいた」

「体育館で開票作業を見守っていた男性会社員(47)は22日午前1時すぎ、『明日の仕事もあるから引き上げます』と言って、ため息をついて会場を後にした。毎回開票所には来るが、結果を見ずに立ち去るのは初めてという。別の男性は、舌打ちをしながら開票作業を見守っていた。『立会人を減らせばいいのに』」

当落63票差の接戦、小数点以下の案分票も

 小金井市選挙管理委員会の発表によると、定数24議席の同市議選には36人が立候補。投票者数は4万606人で投票率は40.18%だった。公表資料を見る限り、小数点以下の案分票の存在が多数あったようだ。

 最大得票者は渡辺大三氏(情報公開こがねい)で3292.710票、最小は池田孝之氏(無所属)の37票。主だった政党候補者では、日本維新の会の元職、ももせ和弘氏が722票、自民党の新人、鈴木正和氏が620.321票を獲得したものの落選した。

 事実上の当落ラインである最小得票当選者は村山ひでき氏(みらいの小金井)で916票。一方、最大得票落選者は篠原ひろし氏(改革連合)の853.434票で、その差は約63票だった。自民党都政関係者は次のように説明する。

「地方議会選挙こそ1票の重みを実感することはありません。多くの自治体で僅差、接戦で当落が分かれます。また、投票用紙に記入されている候補者の氏名が正確に記載されていなくて、複数の候補者の名前にも読めるような案分票が多数見つかった場合は、開票作業が長引くこともしばしばです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合