NEW
松井ムネタツ「たかがゲーム、されどゲーム」

全32本のアーケードタイトル収録『カプコンアーケードスタジアム』が“神がかり”

文=松井ムネタツ/ゲーム系編集・ライター
全32本のアーケードタイトル収録『カプコンアーケードスタジアム』が“神がかり”の画像1
ゲームセレクトに合わせて背景の筐体もスクロール。ズラリと並ぶ景色には懐かしさも

 カプコンから1980~90年代のアーケードゲームがセットになった『カプコンアーケードスタジアム』がNintendo Switchで登場。1984年の『バルガス』から2001年の『プロギアの嵐』まで32本が収録されており、40~50代には懐かしいタイトルがズラリと並んでいる。

 これまでもさまざまな形でアーケードゲームの移植はリリースされてきたが、今回は当時のゲームファンが「僕たちがほしかったのはコレだよ!」と小躍りするようなものになっている。その具体的なポイントを紹介していこう。

おっさん小躍りポイント1:ゲームセンターの雰囲気そのまま!

 まず注目すべきはメニュー画面だ。「え? メニュー?」。そう、メニューなのである。ゲームセンターに通い詰めていた人ならわかるだろう。今日はどのゲームで遊ぼうか、新しいゲームは入っているか……なんて思いながら店内をウロウロするあのワクワク感。

 本作でゲームを選択する画面がまさにそれ。基本的には画面中央にゲームロゴが表示されるので、そのなかから選ぶのだが、その背景ではゲーセン内を歩いて筐体を移動しているような画面になっている。テンションが上がらないわけがない。

おっさん小躍りポイント2:全32タイトルの豊富なジャンルと品揃え

商品構成を説明しておこう。まずゲーム本体+『1943~ミッドウェイ海戦~』(シューティング)は無料。そして10本セットが3種ある。

■Capcom Arcade Stadium Pack 1:すべてはここからはじまった!

バルガス(シューティング)

ひげ丸(アクション)

1942(シューティング)

戦場の狼(シューティング)

セクションZ(シューティング)

闘いの挽歌(アクション)

アレスの翼(シューティング)

BIONIC COMMANDO(アクション)

フォゴットンワールド(シューティング)

大魔界村(アクション)

全32本のアーケードタイトル収録『カプコンアーケードスタジアム』が“神がかり”の画像2
『戦場の狼』。オリジナルが縦画面のゲームは、このように画面を縦にしてプレイすることもできる

■Capcom Arcade Stadium Pack 2:アーケード絶頂期!

ストライダー飛竜(アクション)

天地を喰らう(アクション)

ファイナルファイト(アクション)

1941 – Counter Attack -(シューティング)

戦場の狼Ⅱ(シューティング)

チキチキボーイズ(アクション)

U.S. Navy(シューティング)

ストリートファイターII – The World Warrior -(対戦格闘)

キャプテンコマンドー(アクション)

バース – OPERATION THUNDER STORM -(シューティング)

全32本のアーケードタイトル収録『カプコンアーケードスタジアム』が“神がかり”の画像3
『ファイナルファイト』は2人同時プレイも可能
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合