渦中の旭川医大学長、解任求める同窓会に不可解なメール送信疑惑…その全文を公開の画像1
旭川医科大学公式サイトより

 新型コロナウイルス感染症患者の受け入れをめぐる不適切な発言や、滝川市立病院からの高額報酬などの問題が指摘されている旭川医科大学(北海道旭川市)の吉田晃敏学長が、学長職の解任を要請する同大の医学部医学科同窓会(会長・原渕保明同大教授)に対する奇妙なメール(次ページ参照)を教職員向けの学内メーリングリスト(ML)に送信していた疑惑が浮上している。複数の医療従事者がTwitterなどで告発した。

 当編集部が怪文書の可能性も含めて真偽を確認したところ、複数の同学関係者がこのメールの存在を認めた。

 同メールで吉田学長は、原渕同窓会長に対し「私は、残念ながら、『先生のような』力量も人格の高潔さも持ち合わせておりませんが、同窓会を長年率いてきたいくばかりかの誇りはあります」「私が、社会の不安と不信を募らせ、本学の名誉と信頼を著しく損ねる一連の不祥事を引き起こした、とのお優しいご指摘です」(原文ママ、以下同)などと皮肉ともとれる表現が散見された。

 また「今回、なぜ先生が私に着目し、私の足を牽引させているかは、学内の全ての方々は知られているようですが、私の頭脳では計り知れないものがあります」と原渕会長らによる解任要請の裏事情をほのめかすような文言もあった。

 同窓会は2月26日~3月14日に一連の問題に関する吉田学長の責任について、学外に勤務し連絡先を把握している会員1937人にアンケートを実施。約2割にあたる386人から回答を得たという。同アンケートで「辞任すべき」「どちらかというと辞任すべきだ」との回答が95.3%を超えたことを踏まえて、3月26日、吉田学長の処分を検討している学長選考会議に、学長職の解任を要請したことを記者発表した。

 また同大有志でつくる「旭川医科大学の正常化を求める会」も全職員の半数を超える1106人分の「吉田学長の辞任を求める署名」を集め、学長選考会議に提出している。

 仮にこのメールが怪文書で、何者かが吉田学長の名前を騙って文面を作成したのであれば法的な問題が生じる可能性がある。当編集部は旭川医科大総務部に、同メールが吉田学長が送信したものかについて真偽を問い合わせているが、8日午前10現在、回答はない。回答があり次第、追記する。以下、メール本文を原文ママで引用する。

【9日午後3時半 追記・更新】

 その後、同大総務部総務課広報基金係から以下のような回答があったので追記する。

「大学としてお答えする内容ではないことから、回答は差し控えさせていただきます」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合