NEW
中西貴之「化学に恋するアピシウス」

栄養満点のスーパーフード「ユーグレナ」は何がスゴいのか?腸内細菌&免疫力にも好影響

文=中西貴之/宇部興産株式会社 品質保証部
【この記事のキーワード】

, , , ,

栄養満点のスーパーフード「ユーグレナ」は何がスゴいのか?腸内細菌&免疫力にも好影響の画像1
ユーグレナたっぷりのラーメン(著者撮影)

 みなさんは「ユーグレナ」をご存じでしょうか?

 ユーグレナとはミドリムシの学名で、体長0.02~0.5mmの単細胞生物です。細胞の形状は両端がとがった細長い筒状ですが、丸いものや三日月型のものなどさまざまです。スクリューの役目をする「鞭毛(べんもう)」という髪の毛状の構造物を2本持ち運動する上に口状の構造を持ちますが、その一方で、植物のように葉緑素で光合成を行う、動物と植物の中間のような生物です。

 栄養分を多く含む水をたたえた池や堀に大量発生しますので、どちらかというと汚いもの、というイメージが強い方が多いのではないでしょうか。

ユーグレナは栄養豊富なスーパーフード

 ユーグレナは植物と動物、両方の特徴を持っているため、栄養学的に見ても両者の良い点を併せ持っており、野菜や魚、肉などに含まれる59種類の栄養素を摂ることができるスーパーフードともいわれています。

 さらには、ユーグレナの細胞には、細胞を固く包み込む細胞壁がありません。野菜類の細胞は丈夫な細胞壁で囲まれ、植物の形を維持する働きをしているのですが、この細胞壁がせっかくの植物栄養の吸収を妨害してしまいます。ユーグレナは細胞壁を持たないため、93%という高い消化率で栄養が体内に吸収されやすい特長があります。そのような栄養効果のほかに、ユーグレナが腸内細菌を介して免疫力に良い影響を与える研究成果が最近になって発表され、コロナ禍で注目を集めています。

 神戸大学と株式会社ユーグレナの共同研究チームは、ユーグレナが免疫バランスの調整や2型糖尿病の症状改善に寄与する可能性が注目される酪酸を産生する腸内細菌「酪酸菌」の細菌数および酪酸産生を増やすことが示唆される研究成果を発表しました。

 ヒトの腸内には数百種類の腸内細菌が100兆個以上生息しており、腸内細菌叢を構築しています。腸内細菌叢に含まれる細菌の種類や量のバランスは、私たちの健康に大きく関わっています。疾病、老化、精神的・肉体的ストレス、環境の変化、食生活の変化などの原因により腸内細菌叢のバランスが崩れ、特定の菌が増加するなどの影響で、さまざまな体調不良につながると言われています。

 このような腸内細菌叢の中で、身体に良好な影響を及ぼす細菌としては乳酸菌やビフィズス菌が知られていますが、近年、酪酸菌の重要性にも注目が集まっています。

ユーグレナは腸内の酪酸を強化する

栄養満点のスーパーフード「ユーグレナ」は何がスゴいのか?腸内細菌&免疫力にも好影響の画像2
酪酸の構造式

 酪酸は合成香料などの原料に用いられる化学物質ですが、腸内細菌によってつくられた酪酸は、免疫バランスの調整やインスリン抵抗性の改善による2型糖尿病の症状改善に寄与することが、先行する研究でわかっています。

 今回の研究では、ユーグレナのヒト腸内細菌叢およびその代謝物産生に及ぼす影響を、実験協力ボランティアから採取した糞便を使って試験管内に大腸環境を再現したモデルを用いて評価するとともに、28名の男女がユーグレナを30日間継続摂取した際の腸内細菌叢の推移を検証しました。

『今だから知りたいワクチンの科学』 ワクチンの情報は玉石混交。もう何でもアリの状態。ここはひとつ落ち着いて、ワクチンを超わかりやすく見つめ直してみた。多くの人に理解してもらえるよう、イラストを駆使してわかりやすく解説。ワクチンを正しく知って、効果とリスクを見極めよう。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合