NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

理系女子を生む“女子大”最前線…武庫川女子大&京都女子大の先進的な取り組みとは?

文=木村誠/教育ジャーナリスト
理系女子を生む女子大最前線…武庫川女子大&京都女子大の先進的な取り組みとは?の画像1
武庫川女子大学・上甲子園キャンパスの建築スタジオ(「武庫川女子大学の公式サイト」より)

 5月の朝日新聞「ひと」欄では、理系女子の登場が続いた。京都大学医学部に高3で飛び入学した林璃菜子さんと、ゴキブリの生態で世界的発見をした九州大学大学院生の大崎遥花さん、女性科学者を推賞する「猿橋賞」の東京工業大学生命理工学院の田中幹子教授である。高校生、大学院生、現役教授と、理系女子の多様性を裏付ける。

 林さんは、高校生が化学の知識や技能を競う「国際化学オリンピック」の銀メダリストで、将来は医学の研究者を目指している。飛び級ということでネットでも話題になっている。

 一方、子どものころから虫好きだった大崎さんは、沖縄の朽木で過ごす一夫一妻制のリュウキュウクチキゴキブリが、交尾のときにお互いの羽を食い合う現象を発見。協力して相互の利益を実現する社会的行為かもしれない、という。生物学的に貴重な発見である。

 地球化学者の猿橋勝子さんが1981年に創設した「猿橋賞」を受賞した田中教授の研究は、ヒトなど哺乳類が胎児期の成長過程で指の間の細胞を失う「指間細胞死」の原因に関するものだ。高濃度の酸素が入った水槽でオタマジャクシを育て、本来は起こり得ない細胞死で水かきがなくなったことを実験で検証、活性酸素の作用を裏付けた。

 林さんと大崎さん、そして田中教授……理系女子のイメージから連想する研究である。いずれも無機質な対象でなく、生命に関わるテーマだからだ。

建築系では日本女子大学が実績を残す

 理系女子は、数学や生物学、化学などの理学系に多いと言われてきた。工学系で例外的なのが建築系で、女子大にも関連学科は少なくない。

 伝統があり、難易度もトップクラスなのが日本女子大学の住居学科である。2010年に女性として2人目、日本人女性としては初めてプリツカー賞を受賞した妹島和世さんは、同学科OGである。同賞は「建築界のノーベル賞」といわれ、日本でも最高の建築家の証である。理系女子の先駆者の一人とも言えよう。

 同学科OGには、他にも実績のある建築家が少なくない。そのひとりの平倉直子さんは、1973年に卒業して5年後に(有)平倉直子建築設計事務所を創設し、その後、各地の建築賞を受賞している。

 同大の家政学部住居学科には居住環境デザイン専攻と建築デザイン専攻があるが、ともに一級建築士(実務2年)の受験資格が取れる。一級建築士になれば、一戸建てから高層ビルの設計と工事の監理を担うことができる。

 2020年新設の昭和女子大学環境デザイン学部環境デザイン学科の建築・インテリアデザインコースでも、一級建築士受験資格を取得できる。共立女子大学家政学部建築・デザイン学科の建築コースや、金城学院大学生活環境学部環境デザイン学科空間コースも同様だ。

 関西で拡大戦略を続ける武庫川女子大学は、女子大初の建築学部を開設。建築学科と景観建築学科がある。景観建築学科は建築士だけでなく、地域の風景と調和した緑豊かな屋外の空間デザインの専門家である「RLA(登録ランドスケープアーキテクト)」の資格も取得できる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合