東京五輪後に小池百合子首相誕生シナリオも…ポスト菅めぐり二階幹事長と密約かの画像1
東京都の小池百合子知事(「gettyimages」より)

 東京オリンピック・パラリンピックの開催をめぐって世論が紛糾する中、6月25日には東京都議会議員選挙の告示が行われる(7月4日投開票)。2017年の都議選では、小池百合子東京都知事が率いる都民ファーストの会が大勝し、都議会で最大会派を形成しているが、今回は苦戦が予想されている。一方、小池知事は昨年の東京都知事選挙で歴代2位の366万1371票で再選を果たした。

「小池知事は東京五輪中止を打ち出して都議選を戦い、その後の国政復帰、さらには首相就任のシナリオを描いている可能性もある。また、その裏には“ポスト菅”をめぐる密約があってもおかしくない」と語る、ジャーナリストの横田一氏に話を聞いた。

前編はこちら

五輪強行で「ポスト菅は小池」の密約も?

――都議選を前に、小池知事は東京五輪の開催について、どう判断すると読んでいますか。

横田一氏(以下、横田) 世論の大多数が「中止か再延期」に傾いているため、都議選への影響も大きいことは明らかです。このまま開催強行に突き進めば都民ファの惨敗は避けられず、特別顧問を務める小池知事の政治的な立場も弱まることが必至です。小池知事が、そういう現実を受け入れるとはとても思えません。

 2017年の都議選では、自民党が「モリカケ問題」で野党の攻勢に遭っていることを受けて、都民ファは「情報の透明化」を旗印にして躍進しました。小池知事は、その成功体験を忘れていないと思うのです。そのため、どこかのタイミングで東京五輪の中止・再延期を打ち出し、世論を味方につけて都議選を戦うという戦略を練っているのではないでしょうか。

 そして、都議選を乗り切れば、国民の支持が小池知事に集まり、国政復帰の芽が生まれる可能性もあります。こうしたシナリオに、小池知事が飛びつかないはずはありません。

――やはり、小池知事は首相の座に就くという夢をあきらめていないということですか。

横田 周囲の記者やジャーナリストの方々の話を聞くと、小池知事は女性初の首相の座に就くために、あらゆるシナリオを描いているようです。仮に今回、菅義偉首相と足並みを揃えて東京五輪を開催強行した場合は、裏に「ポスト菅は小池さんに譲る」という密約があっても不思議ではありません。

 17年の衆院選では、結成した希望の党に民進党議員を受け入れる際に、安全保障法制容認と憲法改正を踏み絵にしました。『女帝 小池百合子』(文藝春秋)の著者でノンフィクション作家の石井妙子さんと元政治記者の近藤大介氏の対談では、当時の安倍晋三首相と密約があったという説も取り沙汰されています。安保法制容認と改憲という2つの政策に協力する代わりに、安倍首相の退任時には首相の座を小池知事に禅譲するというわけです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合