NEW

ローソン、ファンも“がっかり”な食品5選…味変わった(?)かぼちゃサラダ、ビール系飲料

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

ローソン、ファンも“がっかり”な食品5選…味変わった(?)かぼちゃサラダ、ビール系飲料の画像1

“マチのほっとステーション”というおなじみのキャッチフレーズを掲げ、2021年2月末時点で国内1万4476店舗を展開している、コンビニ大手3社の一角「ローソン」。同社は、消費者の気持ちを常に刺激し続ける商品展開を見せ、これまで愛され続けてきた。

 売上面の近況を覗いてみると、ローソンの月次売上高推移は今年3月が前年同月比100.5%、4月は同105.3%、5月は105.0%と安定しているようだ。

 そんなローソンは、多くのファンに愛される魅力的な商品をいくつも展開しているが、なかには「これはどうなんだろう……」と悩ましい気持ちにさせられる商品も。そこで、今年もローソンの夏商品を徹底リサーチ。ちょっと残念なローソンの要注意5品を選出した。

大盛り!ペペチー!/498円(税込、以下同)

ローソン、ファンも“がっかり”な食品5選…味変わった(?)かぼちゃサラダ、ビール系飲料の画像2

 まず紹介するのは、なんとも記憶に残るインパクト抜群のネーミングセンス光る「大盛り!ペペチー!」。“ペペチー”とは、パスタ界のシンプル・イズ・ベストを体現する“ペペロンチーノ”のこと。コンビニ各社が展開する定番商品だが、ローソンのペペロンチーノは、好き嫌いがはっきり分かれがちなメニューかもしれない。

 パッケージの指示に従い、500Wの電子レンジで3分30秒加熱しフタを開けると、強烈なニンニクの香りとベーコンとソーセージの燻製の香りがガツンときた。本格的なペペロンチーノというよりも、カロリー上等な“男飯”の雰囲気を持つスタイルの商品といったところか。

 パスタから食べてみたが、そのコシは弱め。そして匂いとは裏腹にニンニクの辛味や旨味は意外にも弱めなことに驚かされた。その分、トッピングのベーコンからコクと燻製の香りが染み出しており、その印象が前面にきていた。

 そんな本品の白眉は驚くことにソーセージ。プリプリかつジューシーでそのクオリティは茹でたてを食べているかのよう。燻製の香りも立っており抜群に美味だ。……が、パスタに合うかというとやや疑問符は残った。トッピングより、パスタ自体のニンニクや唐辛子の旨味と辛味を期待していた人には、少々肩透かしかもしれない。

かぼちゃサラダ/130円

ローソン、ファンも“がっかり”な食品5選…味変わった(?)かぼちゃサラダ、ビール系飲料の画像3

 次は、ローソンで人気商品として名高かったお惣菜メニュー「かぼちゃサラダ」を紹介したい。130円の低価格かつ、70gという食卓に小鉢でもう一品欲しいというシチュエーションに最適なその取り回しやすさもうれしい商品だ。しかし本品、意外にも近頃ローソンユーザーから不評が相次いでいるのである。

 というのも、SNS上のローソンユーザーが口々に「前と変わった」「なんだか、かぼちゃのゴロっと感がなくなり、味も変な感じ」と嘆いているのだ。そんな声の真相を確かめるべく蓋を開けてみると、かぼちゃ部分とペースト部分に分かれており、確かにペーストの比率が多いようにも感じられた。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合