NEW

セミはナッツのような味?昆虫料理研究家に聞く“初心者におすすめの昆虫食”と注意点

文=清談社
【この記事のキーワード】

, , , ,

セミはナッツのような味?昆虫料理研究家に聞く初心者におすすめの昆虫食と注意点の画像1
「gettyimages」より

 牛や豚などの畜産物よりも低コストで養殖が可能であり、豊富なタンパク質を有している昆虫。近年は「SDGs(持続可能な開発目標)」との親和性が高い食材として各方面から注目を集めており、有用な食料源としての認知が進んでいる。

 近い将来、食用虫が日々の食卓を支える日が来るのだろうか。昆虫料理研究家でNPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長の内山昭一氏に、今後の展開を聞いた。

昆虫食が地球環境に優しい理由

 2013年にFAO(国連食糧農業機関)はタンパク質危機や水不足、地球温暖化対策の解決手段として昆虫食を推奨。これを機に「昆虫食をめぐる論調は180度変わった」と内山氏は語る。

「一昔前は“ゲテモノ食品”として見なされ、『どんな味がするのか』『どんな虫がおいしいのか』といった趣旨の取材を受けることがほとんどでした。それが、13年を境に地球環境保護の観点から昆虫食に着目する報道が増え始め、現在はそちらが主流になっています。FAOの報告によると、世界の人口は増加傾向にあるのに対して、地球温暖化の進行によって得られる食糧は減少していき、今のうちに手を打っておかないと、そう遠くない将来、世界的な食糧危機が生じるとされています。そこで白羽の矢が立ったのが昆虫です」(内山氏)

 では、昆虫食はどのような点で地球環境に優しいのだろうか。

「牛や豚といった家畜動物の飼料を育てるためには広大な土地が必要であり、森林伐採の進行を助長します。昆虫は家畜の数分の一の飼料で育つため、環境に与える負荷はずっと少ないのです。また、家畜は地球温暖化の原因となる温室効果ガスを大量に排出します。他方で、昆虫が発生させる温室効果ガスは微々たるもの。食肉に代わって食虫文化を推し進めることは、地球温暖化抑止にもつながるのです」(同)

圧倒的に養殖しやすいコオロギ

 昆虫食に対する世間の関心が高まっていることを背景に、農林水産省は20年10月に「昆虫ビジネスワーキングチーム」を結成。官民一体となって、昆虫食の衛生面におけるガイドラインの作成を進めている。

「JAS(日本農林規格)のような統一した基準があれば、消費者は安心して食用虫を口にできるし、ビジネスチャンスも広がります。現在、国内で昆虫食を取り扱っている会社の多くは、食虫文化が根付いているタイからの輸入に頼っています。そのため、値段が高く、ネットで購入するにしても、おいそれと手を出しにくいというデメリットがあります。昆虫食のガイドラインが作成され、国内で養殖を行う会社が増えると、価格が下がり、より手軽に購入することが可能になります」(同)

 現在、日本国内で昆虫食の販売を行っている会社はおよそ15社。輸入販売をメインに行っているところもあれば、国内で食用コオロギを養殖し、販売している会社も次第に増えてきているという。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合