NEW

『めざまし8』でもブレイクできない永島優美アナ…人気アナが育たないフジテレビの失策

文=編集部
『めざまし8』でもブレイクできない永島優美アナ…人気アナが育たないフジテレビの失策の画像1
めざまし8 – フジテレビ」より

フジテレビの看板アナウンサーは誰か」と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか? 日本テレビなら水卜麻美アナ、TBSなら安住紳一郎アナと即答できるかもしれないが、フジテレビの場合は「答えに窮してしまう」という人も多いだろう。

 局アナは、いわばテレビ局の“顔”。彼ら彼女らが元気で、より多くの人に知られているという状況は、その局が好調な証拠だ。

 そんな中、フジテレビの女子アナが顔を揃える2022年のカレンダーが10月12日に発売される。これは毎年恒例のコンテンツで、今回は計19人の女子アナが各月を彩るとのことだが……。

顔と名前が一致しない女子アナカレンダー

「これは、もともと『アナ☆バン!』というCXアナが出る番組が発端。平井理央、大島由香里、生野陽子ら人気女子アナがウエディングドレスなどさまざまな衣装を着て、高校時代は写真部だったという中野美奈子が撮影したのです」(テレビ局関係者)

 それを番組で売り出したところ、好評だったことから、社を挙げてのプロジェクトに発展。当初、カレンダーには、前述の中野アナ、平井アナ、大島アナ、生野アナだけでなく、加藤綾子アナ、中村仁美アナ、高島彩アナ、三田友梨佳アナと、押しも押されもせぬ人気アナが続々と登場し、フジテレビの黄金期を象徴する一大コンテンツとなった。

 では、第9弾となる22年のカレンダーは、どんな顔ぶれなのだろうか。

「井上清華、佐久間みなみ、三上真奈、内田嶺衣奈、海老原優香、渡邊渚、宮司愛海、久慈暁子、永島優美、小澤陽子、杉原千尋、堤礼実、藤本万梨乃、永尾亜子、竹俣紅、小室瑛莉子、小山内鈴奈、新美有加、鈴木唯という総勢19人です。この中で最も年長組である入社9年目の内田アナは『FNN Live News イット!』に、同期の三上アナは『ノンストップ!』に出ていますが、正直2人とも看板アナというほどではない。他のメンバーにも、顔と名前が一致しない顔ぶれがチラホラいます」(同)

『27時間テレビ』中止の意外な余波

 なぜフジテレビはアナウンサーの売り出しに失敗したのだろうか? それには2つの長寿番組が関係しているという。

「『笑っていいとも!』の打ち切りと『FNS27時間テレビ』の中止が痛いでしょう。どちらの番組でも、フジのアナウンサーは非常に大事な役割を果たしていましたから。

 まず、『いいとも』ではタモリとゲストのトークコーナー『テレフォンショッキング』で、次のゲストやそのマネージャーなどに連絡して、電話をつなげる仕事をしていました。これを毎日繰り返すことで、一般視聴者に顔を売ると同時に芸能界にも名前を覚えてもらう、有効なPRになっていたのです。しかし、『いいとも』が終わり、『バイキング』(現・バイキングMORE)になったことで、アナウンサーを売り出す場がなくなってしまったのです」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合