NEW

フジは1日、TBSも5日のみ… テレビ局の国政選挙の軽視と安直報道の増加

協力=水島宏明/上智大学文学部新聞学科教授<テレビ報道論>
【この記事のキーワード】, ,
フジは1日、TBSも5日のみ… テレビ局の国政選挙の軽視と安直報道の増加の画像1
「首相官邸 HP」より

 2021年の衆議院議員総選挙は、かつてない短期間の間に岸田新政権の発足、解散、公示から投開票と慌ただしく実施された。自民党の苦戦が伝えられていたものの蓋を開けてみれば、自民党だけで過半数どころか安定多数を獲得。野党共闘で統一候補を増やした立憲民主党が大きく議席数を減らした。

 テレビの報道現場で記者や番組制作者を長く務め、現在は大学教員として国政選挙のたびにテレビのニュース番組をくわしくチェックしている上智大学の水島宏明教授は、テレビ局のニュース番組では“選挙軽視”の姿勢がかなり露骨なかたちで表れたと解説する。

民放のニュース番組で目立った“衆院選軽視”

――衆院選に関するテレビ各局の報道を振り返ってみると、どんなことがいえるでしょうか。

水島氏 今回は衆院選に入る前に、菅前首相の辞任によって事実上新首相を選ぶ自民党総裁選挙が行われました。そのなかでコロナ対策や分配などの議論が一通り出て、テレビ各局も視聴者も「政治ネタでお腹いっぱい」という状況になってしまいました。衆議院の解散後、公示日から投票前日までの選挙期間は今回、平日で9日間ありました。私は2012年以降、国政選挙のたびに各局の夕方と夜のニュース番組における選挙期間中の「選挙」の扱い方を記録しています。

 今回も夜ニュースで見てみると、9日間のうち「選挙」について報道したのはNHKの『ニュースウオッチ9』が9日間。ある意味で公共放送として当然ともいえますが、民放でも日本テレビの『news zero』も9日間で毎回放送しています。一方でフジテレビの『FNN Live News α』は公示日の10月19日のたった1日だけ。選挙期間中、テレビ局は有権者に投票するための材料を提供するという大切な役割を担っています。この現状では、公共の電波を使って報道番組も伝えるというテレビの使命感が希薄だといえると思います。

 ただフジテレビだけかというと、「報道のTBS」とまでいわれたTBSの看板ニュース番組『news23』も選挙について報道した日は5日のみ。想像するに、選挙についてのニュースを報道しても視聴率が取れないからという理由で、番組として減らしたのだろうと思います。おそらく番組プロデューサーが単独で決めたというより、報道局長なども容認した末の結果だろうと思います。政治に関する報道では、どこの会社も報道局のトップが関与して意思決定するのが通常ですから。

 この番組はかつてジャーナリストの故・筑紫哲也さんがキャスターを長く務め、番組制作の自由さと批判精神で「多事争論」などのそれまでのテレビ報道にはなかったコーナーが人気を集めました。政権選択を問う選挙の報道をこれほど軽視するなんて、もし筑紫さんが存命だったらこんな状況をなんと言うだろうかと思いました。TBSが取材したインタビューのビデオテープをオウム真理教の幹部らに見せたことが坂本弁護士一家殺害につながった「TBSビデオ事件」のときに、「TBSは死んだ」という言葉を発した筑紫さん。彼ならきっと烈火のごとく怒って同じ言葉を発したのではと想像します。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合