NEW

無印良品、コスパ抜群の冬商品5選…食べ応え十分な食べるスープ&鍋の素

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】, ,

無印良品の店舗の画像

 生活雑貨、衣類に食品と、私たちの生活に密着した商品を多く取り揃える「無印良品MUJI(以下、無印)」。運営する良品計画は、2020年8月時点で、国内に479店舗、海外に550店舗、合計1029店舗にまで出店規模を拡大している。

 そんな無印は商品だけではなく、取り組んでいるプロジェクトでも高い評価を獲得。公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2021年度グッドデザイン賞」では、詰め替え方式にすることで空のペットボトルの消費量を減らそうとした、無印の「水プロジェクト」が「グッドデザイン・ベスト100」を受賞。商品のクオリティ向上だけにとどまらない、無印のサステナビリティへの意識は大きな関心を集めている。

 商品やサービスを日夜変化させ、我々を飽きさせない無印からは今、寒くなってきたこの時期にぴったりな商品が続々登場している。今年も本記事では“マストバイな無印良品の商品”を5つピックアップしたので、ぜひお買い物の際の参考にしていただきたい。

大袋 食べるスープ 5種野菜のミネストローネ(10食)/799円(税込、以下同)

無印良品、コスパ抜群の冬商品5選…食べ応え十分な食べるスープ&鍋の素の画像2

 無印の“食べるスープ”シリーズは味の良さから高い人気を誇ってきたが、今回はそのなかでもチェック必須の「大袋 食べるスープ 5種野菜のミネストローネ」をご紹介する。この商品はお湯を注ぐだけで簡単にできあがるフリーズドライの食品。お値段も1食あたり約80円と、良心的な価格だ。

 フリーズドライ系商品のなかには、具が少なくて食べごたえがない印象を覚えるものも少なくないが、この商品はそれらとは一線を画している。キャベツ、人参、玉ねぎなどの野菜がぎっしり入っており、その甘みもスープの中にぎゅっと濃縮され、食べ応えも十分だ。

 日に日に気温が下がり始めてきたこの時期は、温かい食べ物がだんだんと恋しくなってくるもの。この商品を買い置きしておけば、ホッと心も体も温まるひとときを手軽に楽しむことができるだろう。

ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ/350円

無印良品、コスパ抜群の冬商品5選…食べ応え十分な食べるスープ&鍋の素の画像3

 無印の人気シリーズであった“手づくり鍋の素”シリーズが、今年の10月に“ひとり分からつくれる鍋の素”シリーズとしてリニューアルを果たした。このシリーズは、昨今のライフスタイルの変化を取り入れ、少人数での食事や家族がそれぞれ別の時間に食事をするような場面を想定し、ひと袋に1人前の鍋の素が、合計4セット入っているのが特徴である。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合