NEW
長谷十三「言わぬが花、をあえて言う。」

岸田首相と東條英機に共通する「負けるリーダー」の条件…真面目、人の話を聞く

文=長谷十三
【この記事のキーワード】, ,
岸田首相
「首相官邸 HP」より

「二階幹事長に喧嘩を売ったり、新自由主義から転換すると宣言したり、今度の首相には期待できるかも」

 そんな感じで多くの国民が浮かれていた岸田文雄首相就任時から2カ月後、SNSでは「#岸田総理の辞任を求めます」がトレンド入りした。安倍政権でのモリカケ問題のような「ホームラン級の失点」はないものの、2カ月前の期待感をチャラにする「外国人労働者の拡大」「親中派で知られる林芳正衆議院議員の外務大臣起用」「子育て世帯に一律10万円給付でクーポンにしたことで967億円のムダ遣い」などの「エラー」が積み重なっているのだ。

 この調子が来年も続けば、7月の参院選は苦戦を強いられるかもしれない。事実、宏池会に源流をもつ首相は政権交代を許してきたという事実がある、55年体制最後の自民党首相となった宮澤喜一氏と、鳩山・民主党に惨敗した麻生太郎氏だ。最近の不人気ぶりからも、岸田首相がこれらの首相と同じ運命をたどってしまう可能性もあるのでは、と永田町では囁かれているのだ。

マジメな宰相

 そんな「敗将」の臭いが漂いだしている岸田首相を見ていると、やはり日本の「敗戦」に大きな影響を与えた過去の首相との共通点が目立つ。それは第40代内閣総理大臣、東條英樹だ。

 東條というと、日本を無謀な戦争へ突入させた軍国主義の権化のようなイメージを抱く人も多いだろうが、実は陸軍内では「いい人」で通っていた。とにかくマジメで努力家で、家族思いでスキャンダルなど悪い話は一切ない。天皇陛下から信頼もされていたということで慕う部下も多かった。評論家の福田和也氏も『総理の値打ち』(文藝春秋)で「日本組織で人望を集める典型的人物」と評している。

 そして令和日本でマジメな宰相といえば、思い浮かぶのは我らが岸田首相だ。自民党総裁選に出馬した際も、政治ジャーナリストや政治評論家が「岸田さんの悪口を言っている人を見たことがない」「とにかくマジメ」などとヨイショしていたのは、まだ記憶に新しいだろう。

 そんな2人のマジメ首相には多くの共通点がある。「聞く力」と「メモ」だ。岸田首相が総裁選で「私の特技は人の話をよく聞くこと」と繰り返しアピール、しまいには選挙演説やテレビ出演で「岸田ノート」を見せびらかすというパフォーマンスまで繰り返したのはご存じの通りだ。一方、日米開戦に踏み切った「いい人・東條英機」も「聞く力」には定評があることに加えて、無類のメモ好きとして知られていた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合