NEW

干支「壬寅」で2022年の変化を大予測!ロシアが勢力伸長、台湾情勢にも異変の歴史

文=井戸恵午/ライター
【この記事のキーワード】, , , ,
トラ(「Wikipedia」より)
トラ(「Wikipedia」より)

 謹賀新年。

 今年は寅年、十二支の3番目に当たる。この「寅」とはトラを指すが、もともとは矢そのものや矢を引っ張る様子をかたどった象形文字であり、「引っ張る」「延ばす」といった意味を指す。相場格言に「寅千里を走る」とあり、相場がある一定の幅で上下する「往来相場」となる傾向があるらしい。

 また、今年の干支は「壬寅」となる。本来、「干支」とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干と「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支を組み合わせたものである。同じ「干支」は60年に一度めぐってくることになり、60歳を「還暦」と称するのは、生まれた干支が再びめぐってくるためである。

米ソ冷戦の象徴「キューバ危機」

 さて、それでは「壬寅」とはどのような年になるのであろうか。例によって、過去の歴史からその傾向を探って、本年の動きを占ってみよう。

 まず想起されるのは、ロシアの勢力伸長である。元慶6年(882年)、ノヴゴロド公国を建国したリューリクの後継者であるオレーグがキエフに遷都する。これにより実質的にキエフ大公国が成立したとされ、13世紀までその支配は維持されることになる。

 また、仁治3年(1242年)にはノヴゴロド公であったアレクサンドル・ネフスキーが「氷上の戦い」(チュド湖上の戦い)で「北方十字軍」として侵入してきたドイツ騎士団を破っている。なお、この2年前には「ネヴァ河畔の戦い」においてスウェーデン軍を破っており、ロシア正教会においては聖人であると共に今もなお英雄とされている。

 現在、ロシアは、この古都キエフを首都とするウクライナとの国境近くに軍隊を展開、これに伴いロシアとアメリカの間で緊張状態が生じている。あるいは、ロシアがかつてのオレーグのように強硬な手段に訴え、またアレクサンドル・ネフスキーのように外圧をはねつけるといったことが起こるかもしれない。

 大国間の緊張状態といえば、想起されるのは昭和37年(1962年)に発生した「キューバ危機」である。この当時、ソビエト連邦とアメリカ合衆国は冷戦の最中にあり、カリブ海に浮かぶ島国のキューバに攻撃用のミサイルを設置したことで軍事的緊張が生じた。アメリカはミサイルの搬入を阻止するべくキューバを海上封鎖、あわや米ソ核戦争となるのでは、と世界中が震撼した事件である。幸い、危機は回避されたが、今回のウクライナをめぐる事態においても、平和裏に解決されることを望んでやまない。

 キューバといえば、この「キューバ危機」から遡ること60年、明治35年(1902年)にスペインから独立を果たしており、当然これも壬寅の年に当たる。また、寛文2年(1662年)には「国姓爺合戦」で知られる鄭成功が台湾にあるオランダ東インド会社の城塞を襲撃、これを奪取すると共に台湾を統治する政権を打ち立てた。

 このように、壬寅の年は島しょ部において独立の機運が高まる傾向があるようで、台湾がより一層、大陸の重力圏からの離脱を図っていく可能性がある。また、本年はちょうど沖縄の本土復帰(沖縄返還)から50周年に当たることもあり、我が国の沖縄においても何か大きな動きがあるかもしれない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合