NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

金、金、金…マネロン疑惑にミセス京都不正 自民党京都府連でスキャンダルが続く理由

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
金、金、金…マネロン疑惑にミセス京都不正 自民党京都府連でスキャンダルが続く理由の画像1
自民党京都府連のHPより

 筆者が「文藝春秋」(3月号)で報じた自民党京都府連の選挙買収問題がいまだ鎮火しない。近く京都の弁護士らによって、自民党京都府連会長である西田昌司参議院議員などが刑事告発されることになり、今後「選挙と金」をめぐる動きについて捜査のメスが入るのかに注目が集まっている。

「文藝春秋」の記事では、京都における国政選挙において自民党候補者が選挙区内の府議・市議に京都府連を通じて50万円を配っていた“選挙買収疑惑”を報じ、元府連事務局長が作成した“引継書”では、この一連のスキームを「マネーロンダリング(資金洗浄)」と表現されていたことも明らかにした。

 この「選挙買収」問題は国会でも議論となった。二之湯智・国家公安委員長(参院京都選挙区)は2016年参院選において、府連を通じて金を配布していたことについて野党から激しく追及を受けた。二之湯氏は選挙買収を否定しながらも、「(960万円は)私の思いで寄付をさせていただいた」と、あいまいな答弁を繰り返したことで国会が紛糾。国家公安委員長は全国の警察庁を所管するポジションであり、選挙違反を摘発する側のトップとしてその資質が問われる事態となっている。

 2月13日には苦しすぎる言い訳が公開された。西田氏が動画投稿サイト・YouTubeの自身のチャンネルで、「文藝春秋」の記事に対して「事実無根」というタイトルをつけ「極めて公平性を欠き、事実に反している」と反論する動画を公開したのだ。西田氏は政治資金の流れは政治資金収支報告書に記載され、法にのっとって行われているなどと強調し、「買収する動機も必要もない」と反論したのだ。

 しかし「西田氏はYouTubeで一方的に持論を語っただけでは説明責任を果たしたとはいえない」(社会部記者)との批判の声があがっている。

 じつは自民党京都府連は選挙買収以外にも数多くの“問題”を抱えている組織なのである。本稿ではその実態を振り返ってみたいと思う。

“ミセス京都”市議の政務活動費不正

 まず、昨年12月8日に『「私を隠れ蓑にして」“ミセス京都”市議の政務活動費不正を夫が実名告発』という記事が「文春オンライン」で配信された。元ミセス京都のファイナリストだった自民党・豊田恵美市議が、事務所職員だった夫がけがで働いていない期間に政務活動費から給与を不正支出していた疑いを報じたのだ。

「豊田氏の疑惑は夫が告発し記者会見をしたことで、ミセス京都の元ファイナリストという話題性もあり取材が過熱した。地方議員の政務活動費の使い方は定期的に問題になるテーマです。

『政治とカネ』の問題がたびたび語られるなか、地方議員の政務活動費は、ほんとうは議員が好き勝手使える“財布”代わりになっているのではないか、という疑問もあり、メディアで大々的に報じられることとなったのです」(社会部記者)

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合