NEW

モスバーガーの残念商品5選…海老チリ風バーガーに「ずるい」、夜モスも不評

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
モスバーガーの店舗
モスバーガーの店舗

 日本発祥の大手ハンバーガーチェーン「モスバーガー」が50周年を迎えた。同店は1972年に東京・成増で誕生し、今年5月末時点で国内1251店舗、海外451店舗を展開するほど規模を拡大している。

 そんなモスバーガーは、和風バーガーとしても知名度の高い「テリヤキバーガー」を日本のチェーン店で初めて開発・販売したことをご存知だろうか。公式サイトによると、パティやバンズに合うような味付けにするために、テリヤキソースには隠し味として味噌を入れているという。

 モスバーガーでは、このように斬新なアイデアがファンから高い評価を受けることが多い。だが、中には組み合わせが微妙だったり期待外れに感じてしまったりする商品も……。そこで今回は“この夏、要注意なモス商品”を5つ紹介しよう(価格は税込み)。

海老チリ風バーガー/460円

 まず紹介するのは、海老チリ風ソースをかけた海老カツとレタスをバンズで挟んだという「海老チリ風バーガー」。5月18日~7月中旬までの期間限定商品で、トマトケチャップやトマトペーストを使用して甘めに仕上げたのが特徴のようだ。

モスバーガーの残念商品5選…海老チリ風バーガーに「ずるい」、夜モスも不評の画像1

 一見すると辛いのが苦手な方にも喜ばれそうな商品なのだが、購入者からは「これは海老チリじゃない」「(海老チリ)風ってずるい言葉だよな」など、味そのものについて不満の声が多くあがっている。

 実際に食べてみると、ソースは海老の風味ととろみがあり、「海老チリ風」と言えなくもない。しかし、海老の味が薄いせいか、海老チリというよりは“中華風の甘辛ソース”という感じなのだ。そのため、海老カツがメインといえど、海老チリの味とは遠いため、海老チリ好きの期待に応えられていないのかもしれない。

ソイモーニング野菜チーズバーガー/370円

 モスバーガーでは、オープンから午前10時半までの時間限定でモーニングメニューを提供していることをご存知だろうか。続いて紹介する「ソイモーニング野菜チーズバーガー」も、そのひとつだ。

モスバーガーの残念商品5選…海老チリ風バーガーに「ずるい」、夜モスも不評の画像2

 肉の代わりに大豆由来の植物性たんぱく質を使用したソイパティ、スライスチーズ、トマト、レタス、オニオンスライスにトマトケチャップとカロリーハーフマヨネーズで味付けしており、一見おいしそう。しかし、購入者からは「ソイパティの味がわかりにくい」「ソイをわざわざ選ぶ必要ないかも」など、ソイパティに対しての厳しい意見が寄せられていた。

 実際に食べてみると、肉のような食感のソイパティは食べ応えがあり、朝ごはんをしっかり食べたいシーンなどに重宝しそうである。しかし、指摘されているように、ソイパティを食べている感じがあまりしないのだ。

 また、ソイと聞くとローカロリーのイメージを持つ方も多いだろうが、1個あたり363kclと、他のハンバーガーと比べて極端に少ないわけでもない。以上の点から、無理してチョイスする理由がなく、それなら普通のハンバーグパティにかぶりつきたいと思う方が多いようだ。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合