NEW

安倍元首相銃撃事件に思う「世界を変える」「自分を救う」ための思考

文=沖田臥竜/作家
【この記事のキーワード】,
安倍元首相銃撃事件に思う「世界を変える」「自分を救う」ための思考の画像1
事件直後、SPに取り押さえられる山上徹也容疑者(写真は、筆者のもとに提供されたもの)

 別段、私は闇に潜んでいるわけではないが、仕事としては書くこと以外に、情報を扱う会社を運営している。そこで扱う情報は、客観的に見ても、鮮度、スピードいずれも国内では群を抜いているだろう。別にそれを誇示したいわけではない。実際にそれを評価してくれている人々がいるからこそ、ビジネスになっているという話なだけだ。

 だが、私は街の情報屋でも、SNS界隈の情報通ではない。では何かというと、それは来年には、ある形として、世間、そして世界へと伝えることになるだろう。

 7月8日午前。テレビ局の友人からのLINEの通知音がなった。そこからは、常日頃から親しくしているテレビ局、新聞社、出版社の知人から怒涛の如く連絡があり、さまざまな依頼を受けた。書くこと以外の仕事が動き出した。昼過ぎからはどうしても、外せない仕事があったので、それまでの仕事をすべてリスケさせ、現場の状況、動き、さまざまな角度や観点から、事態を把握することを急いだ。そう、まさかこの時まで、 安倍元首相が凶弾に倒れるなど誰が予想できただろうか。

 私自身も、かつて少なからず森友問題を取材し、さまざまな関係者に直接話を聞いたので、安倍元首相およびその周辺については無知というわけではない。新型コロナウイルスが日本に上陸し、世間を震撼させることになった安倍元首相のコロナ対策に対する世間の評価も把握している。だが、そこで生み出された世論や一部の熱狂的ともいえるマスメディア同様の熱量を持って取材にあたったかといえば、そうではなかった。どこかで無感情だった。よくいえば、客観的だっただろう。

 森友問題の関係者に会えば会うほど、気持ちが冷めていく感覚を覚えていた。それはひいては、安倍元首相を支持する側に対しても、批判する側に対しても、同じような感情を持つことになった。仕事として受けたからには、できる限り取材し調査し、その後も、誰かが困れば、それに連なる形で生じたイレギュラー的案件にも対応しただけで、根底にあるのは、森友問題の是非を問いたいという意識ではなかった。

 森友問題にかかわらず、私が動く案件のほとんどが、そういった思いや客観的なスタンスで臨んでいるところが大きい。だからこそ、私は信頼され、私だったらと耳を傾けてもらえる話があったりするのだと思う。

 信頼とは何か。私は一定の情報を惜しみなく共有するが、言うべきことではないと考えたことは、たとえ誰であったとしても、どんな条件を提示されても口にすることはない。もちろん私も生身の人間だ。そんな自分に手のひらを返す人間に対しては、「あれだけのことをやってあげたのに、裏切るようなことをして」と思うこともないわけではないが、だからといって、自分の中で分別をつけたことを、相手の対応次第で左右させるようなことはしない。それは相手がどうだという問題ではない。自分自身の問題だと思っているのだ。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合