NEW

悠仁さま、筑波大附属高で成績低迷か…東大進学、推薦入試でも一般入試でも困難か

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
悠仁さま、筑波大附属高で成績低迷か…東大進学、推薦入試でも一般入試でも困難かの画像1
秋篠宮家の方々(宮内庁のHPより)

 今年4月に筑波大学附属高校に入学された秋篠宮家の長男、悠仁さま。秋篠宮さまと紀子さまのご意向も影響して悠仁さまは東京大学進学を目指しておられるとの見方もあり、「学校推薦型選抜」による東大進学という選択肢も取り沙汰されるなか、筑波大附属高での成績が低迷しているという報道が相次いでいる。

 悠仁さまが筑波大附属高に進学されるまでの経緯をめぐっては、多くの議論を呼んだことは記憶に新しい。

 悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校の3年生だった2021年、悠仁さまがお茶の水女子大と筑波大学が結んでいる提携校進学制度を利用して、難関校として知られる筑波大附属高校へ進学するという報道が相次ぐなか、この提携校進学制度が設置されたのが、悠仁さまが同中学に入学される2年前のことだったことが判明。当時、悠仁さまは同大附属小学校に通われており、内部進学されることが既定路線だったことから、この制度が悠仁さまの高校進学を見据えた措置だったのではないかという見方が広まった。

 そして今年2月、悠仁さまが提携校進学制度によって筑波大附属高に入学すると宮内庁が発表したが、前年に悠仁さまの姉で秋篠宮家の長女である眞子さんと小室圭さんの結婚問題をめぐって小室さんの「皇室利用」がクローズアップされてきたこともあり、悠仁さまの進学に対して「裏口ルート」「皇室利用」といった声も続出した。

 そんな悠仁さまの大学進学をめぐる報道も早くも過熱している。かねてから秋篠宮さまと紀子さまのご意向もあり、悠仁さまは東京大学への進学を希望されておられるともいわれ、筑波大附属高は「学校推薦型選抜」による東大進学者を出しているため、悠仁さまは推薦制度による東大進学を目指しているのではないかという見方も強い。

東大の学校推薦型選抜

 一方、今月8日発売の「女性自身」(光文社)は、悠仁さまが筑波大附属高の前期期末考査で「現代の国語」が赤点レベルになるなど成績が低迷していると報道。17日発売の「週刊新潮」(新潮社)も、悠仁さまの学内での成績が上位ではないと伝えているが、大学事情に詳しい評論家の島野清志氏はいう。

「東大の学校推薦型選抜は2016年度から始まったもので、募集定員は100人程度、今春は92人が合格している。書類選考を経て、面接や大学入学共通テストの得点などを総合的に評価して合否が決まる。合格者の出身高校を見ると、渋谷教育学園渋谷高校や日比谷高校、聖光学院高校などトップクラスの進学校が目立ち、その顔触れや例年の合格者数が定員を下回ることから考えて、難易度はきわめて高いと思われる。まだ高校1年生である悠仁親王の合格の可能性は、現段階では何ともいえない。

悠仁さま、筑波大附属高で成績低迷か…東大進学、推薦入試でも一般入試でも困難かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合