NEW

すたみな太郎より焼肉ライクのほうが美味い?「脂身だらけ」批判の両店を比べてみた

取材・文=A4studio
【この記事のキーワード】,
焼肉ライクとすたみな太郎、食べ比べてみた
焼肉ライクとすなみな太郎を実食比較!

 2018年の登場以後、急成長した焼肉チェーン店「焼肉ライク」。株式会社焼肉ライクが運営する同チェーン店は“焼肉ファストフード”と名乗っているとおり、食べるまでのハードルが比較的高い印象だった焼肉という食べ物を、より身近な存在にしたことで多くの注目を集め、一人焼肉ブームも牽引している。

 一方、同じく焼肉チェーン店として独自の存在感を放っているのが、株式会社江戸一が運営する「すたみな太郎」。その創業は1978年と「焼肉ライク」よりはるかに歴史は古く、格安の焼肉をおなかいっぱい食べられると、高い人気と熱心なファンを獲得してきた。

 そんな異なる出自を持つ両チェーン店だが、いずれもリーズナブルに焼肉を堪能できるという共通点があり、比較されることもしばしば。だが、ネット上では「格安の値段で食べられるけれど、肉の質はどちらもあまり良くない」「肉がほぼ脂身」といった批判的な指摘を目にすることもよくある。

 そこで今回は、格安焼肉チェーン店である「焼肉ライク」と「すたみな太郎」の両店に実際に足を運び、それぞれのコンセプトやシステムに客層、さらには肉質の違いなども併せて、忖度なしで比較してレポートしていきたい。

「焼肉ライク」:一人で気軽にサクッと食べられる焼肉ファストフード

【完了】「脂身だらけ」と炎上の焼肉ライクとすたみな太郎…両方食べてみたの画像2

 一人焼肉ブームを巻き起こした「焼肉ライク」。今回訪れたのは「焼肉ライク 八王子店」だ。都心の駅やターミナル駅などの繁華街にある店舗が多く、アクセスが良いのが「焼肉ライク」の特徴のひとつといえるだろう。

【完了】「脂身だらけ」と炎上の焼肉ライクとすたみな太郎…両方食べてみたの画像3

 店内に入ると、アクリル板で区切られロースターが完備された一人がけの席に案内される。注文はすべて各席にあるタブレットで行い、エプロンや替え皿といった料理以外のサービスも注文できるなど、お一人様向けの工夫が各所に施されていた。

 単身で来店しているビジネスパーソンと見受けられる客が多く、男性客だけでなく女性客もいたのが印象的だった。ファミリー層などのグループ客がほとんどいなかったこともあり、店内の席は程よく埋まっていたがかなり静か。ジュージューと肉を焼く音とBGMだけが聞こえていた。

【完了】「脂身だらけ」と炎上の焼肉ライクとすたみな太郎…両方食べてみたの画像4

 注文してから3分以内の提供を公式サイトでも謳っているように、料理が届くまでは迅速。今回注文したのは、1050円(税込、以下同)の「ミックスカルビセット(200g)」。特製のたれで和えられた牛バラカルビと豚カルビ、白米、わかめスープ、キムチがセットになった定食スタイルのメニューである。各席にトレーをはめ込むようなスリットが設けられてあり、こうしたセットメニューを頼むのが「焼肉ライク」では主流なのだろう。

 目の前にあるロースターは火の強さを調整でき、一人焼肉の醍醐味である自分好みの焼き方を楽しめるのが嬉しい。ネット上では肉の脂身の割合がそのときどきで変わり、「肉がほぼ脂身」の場合もあるといった不満の声もあったが、1000円程度で焼肉を堪能できるコストパフォーマンスを考えれば、あまり気にならないという人も多いのだろう。

【完了】「脂身だらけ」と炎上の焼肉ライクとすたみな太郎…両方食べてみたの画像5

 セットで食べ足りない場合は、50gや100gといった少量でお肉単品での注文も可能。今回は590円の「牛タン」を追加オーダーしてみた。牛タンは少しコリコリする弾力のある食感と染み出すうまみで、満足感も高かった。

すたみな太郎より焼肉ライクのほうが美味い?「脂身だらけ」批判の両店を比べてみたのページです。ビジネスジャーナルは、ライフ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!