NEW

「ポスト武豊」浜中俊騎手が「犯罪強要」!? 未成年への仕打ちにイメージ崩壊か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hamanaka.jpg「TEAM GRIP公式サイト」より

「武豊2世」とも言われる競馬界の次代のスター候補・浜中俊騎手に危機が訪れようとしている。

 4月17日の阪神9Rから5月14日の新潟2Rまで、1カ月にわたり一度も騎乗しなかった鮫島克駿騎手(19)。彼が休養した理由が病気や制裁ではなく、春の花見宴会における「未成年飲酒」だったことが明らかになった。さらに泥酔した帰りのタクシーで運転手に暴言を吐いたというのだからいただけない。

 これ自体でもだいぶ衝撃的な内容であるが、鮫島騎手に宴会の「幹事」をやらせ、未成年ながら飲酒をさせた先輩騎手にも批判が集まっている。それが松田大作、そして浜中俊だ。

 松田も浜中も世間的なイメージは「真面目」であり、特に浜中は騎手リーディング上位の常連であり、期待も大きく、ルックスもさわやか。そんな彼が後輩に酒を飲ませ、泥酔させた上で1人でタクシーで帰らせたというのだから驚きだ。しかもその当時、浜中は骨折で休養中の身である。

 ネット上では浜中騎手のイメージ崩壊に批判の声が集まっている。「非常識だな」「モラルがない」「飲酒強要とか犯罪だろ」などという厳しい声が。「浜中への見る目が変わった」と幻滅したような声も多いのが実情だ。内容を鑑みると致し方ないのかもしれない。

 さらに、その宴会には「知り合いのきれいどころ」、つまり女性もいたという。単に宴会の「華」ということかもしれないが、浜中騎手はすでに結婚し子どももいるため、イメージとしては決して芳しいことではないだろう。どことなく「不倫」をイメージしてしまう人もいるかもしれない。

「武豊や福永祐一は、こういったダメダメなスキャンダルはないですね。デビュー当初からマスコミの目が集中した存在だっただけに、問題が起きないよう行動しているのでしょう(不倫疑惑はあったが)。浜中騎手に関しては、最初は三浦皇成騎手の影に隠れた存在でしたが、地道な下積みを経て開花したタイプ。ハメを外しすぎたということでしょうか」(記者)

 近い世代では、川田将雅騎手が今年日本ダービーを制するなど記録を次々作っている中、どことなく置いていかれた感のある浜中。今後が少し心配である。

「ポスト武豊」浜中俊騎手が「犯罪強要」!? 未成年への仕打ちにイメージ崩壊かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!