NEW

「陰部露出」に「強盗」、「衝動的破壊」……低迷するパチンコ業界で多発するトンデモ事件の数々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチンコ店での事件がここ最近頻発している。19日には愛知県豊田市で、パチンコ店の駐車場で店員を包丁で脅し、500万円の入った車を奪う事件が起こった。

 先月4日には、福島県内のパチンコ店で女性店員に対し陰茎部を露出したとして、公然わいせつの疑いで同県警石川署に福島県立小名浜高校の教頭、古川直樹容疑者が逮捕されている。

 先月6日には、埼玉県八潮市のパチンコ店に左手に包丁、右手にハンマーを持った男が侵入。ハンマーでパチンコ台を次々に破壊して行く事件が起きた。パチンコ店で惨敗を喫した自称解体工(66)の男は、その腹いせにハンマーと刃渡り18センチの包丁を持って”リベンジ”に向かったようだ。

「強盗」に聖職者の「わいせつ行為」、さらには「衝動的破壊」と、パチンコに直接関係ない事象ではあるが、こういったことが起こるとパチンコ店、ひいてはパチンコそのもののイメージにもつながりかねない部分があるだろう。もともとイメージが凋落している業界だけに、このような事件は痛いところだろう。

 無論、パチンコ業界自体も6月末に大きな問題を起こしている。不正改造されたパチンコ台が全国に流通していた問題で、業界団体で構成する「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」は今年末までに約72万6000台のパチンコ台を自主回収すると発表した。パチンコ台の大規模回収は20年ぶりの出来事だそうで、一般入賞口に玉が入りにくくなるよう不正改造されたとのこと。都道府県の公安の承認を得ずに改造したという情報もあり、風営法違反の恐れもあるということで一斉撤去に至った。

「陰部露出」に「強盗」、「衝動的破壊」……低迷するパチンコ業界で多発するトンデモ事件の数々のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事