NEW

重賞3勝のスマートオーディンがリタイアで秋ローテ白紙……「脚元の疲れ」が原因も、やはり『クラッシャーの呪い』か!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suma-too-dhinx.jpgスマートオーディン(競馬つらつらより)

 やはり、これは『クラッシャーの呪い』なのだろうか……。

 14日、重賞3勝を挙げているスマートオーディンがアクシデントにより戦線離脱することとなった。

 管理する池江泰寿調教師によれば「脚元に少し疲れが出たので、今週中にリフレッシュ放牧に出します」とのこと。天皇賞・秋(G1)を睨んで、毎日王冠(G2)からの始動が予定されていたが、すべて白紙となった。

『史上最強世代』といわれる今年の3歳牡馬の中でも、すでに東スポ杯2歳S(G3)、毎日杯(G3)、京都新聞杯(G2)と重賞3勝の実績を誇るスマートオーディン。日本ダービー(G1)では6着に敗れたものの、掲示板を占めた『BIG5』を追いかける馬たちの筆頭候補として、この秋もG1級の活躍が期待されていた。

 若き有力馬の戦線離脱に関係者だけでなく、多くの競馬ファンから残念という声が聞かれるが、その中でもまことしやかに囁かれているのが、本件が「クラッシャーの呪い」なのではないかという噂だ。

 実は、スマートオーディンはダービーまでは栗東の松田国英調教師の管理馬だったが、その後、現在の池江厩舎へ転厩した経緯がある。詳細は明かされていないが、どうやら秋のローテ―ションについてオーナーサイドと松田調教師の間で衝突があったようだ。

重賞3勝のスマートオーディンがリタイアで秋ローテ白紙……「脚元の疲れ」が原因も、やはり『クラッシャーの呪い』か!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!