NEW

僕らはあの頃、アツかった(14) 20XX年、ホールは大当たりの炎に包まれた。「北斗専門店」に舞い降りた台パン天使。

【この記事のキーワード】

, ,

ashino.jpg

 筆者の家の近所には直線距離が日本一長いことで知られるアーケード街があって、その沿道に、当時Tというホールがあった。一階がメガネ屋で、二階がスロ屋。少し特殊な形状のお店だった。特に甘いとか辛いとかは無かったのだが、なんとなく雰囲気が好きで、筆者は当時、よくそのT店に通ってはボコボコに負けていたものである。

ある日の事だ。新台入れ替えだろうが周年際だろうが、常に閑古鳥が寂しく鳴いてるはずのT店に、長蛇の列が出来ていた。おや? と思った。珍事である。

 Tに対して雰囲気以外は何も期待していなかった筆者は会員用の告知メールすら読んで無かったのだが、この人数は流石に不審だったので、慌ててメールをチェックした。三秒で疑問が氷解した。

「北斗の拳」である。

 そう。ホーゥ……アタッ、アタッ、ホアタァ! でお馴染み……サミーが生み出したあの超ヒット機種だ。

 当時「北斗」は社会現象と言っても良いほど流行していた。元々のスロッターはもちろん、それまでパチスロを打ったことがなかった人までをもグリグリと巻き込み、俗にいう「北斗世代」を生み出しながら、数多の人々の人生を良い意味でも悪い意味でも狂わせまくっていたのである。

 どうやらT店はその「北斗」に全て賭ける事にしたらしい。その日を境にかの店は、地域初の「北斗専門店」に生まれ変わっていたのだった。導入台数はたしか200台とかそんな感じだったように思う。なんせ専門店だ。右を見ても左を見ても北斗。まるで北斗のゲシュタルト崩壊である。のちに北斗オンリーのフロアがあるホールなんかはちょくちょくと見かけるようになったが「専門店」はなかなかのインパクトだった。これは確かにみんな並ぶ。実際その日は300人近く並んでいた。果たして座れるか不安だったが、筆者は2/3の抽選を見事突破することができた。無事入店である。そして入店して驚いた。

僕らはあの頃、アツかった(14) 20XX年、ホールは大当たりの炎に包まれた。「北斗専門店」に舞い降りた台パン天使。のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!