NEW

東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?の画像1

 JRAの有馬記念(G1)とともに、年末の風物詩として競馬ファンには馴染み深い東京大賞典(G1)。

 有馬記念では、ここがラストランとなるキタサンブラックとクイーンズリングがワン・ツーフィニッシュ。有終の美を飾った。だが、8番人気のクイーンズリングが上位に食い込んだため、予想が外れた人も多かったはずだ。そこでの負けを取り返すべく、東京大賞典に臨もうとしている人もいるのではないだろうか。そこで今回は、昨年に引き続き、アイドル界イチの『地方競馬好き』を自称する桃井はるこさんにこのレースの見どころを語ってもらった。桃井さんのイチオシの馬はどちら?

――先週の有馬記念ではキタサンブラックが勝利しましたね。

桃井はるこ(以下、桃井):キタサンブラックらしい強い勝ち方に感動しました。私は競馬が好きになってまだ日が浅いので、初めてファンになった馬の”ラストラン”だったんです。競走馬生活の締めくくりをいい形で終えられてよかった。だから東京大賞典でも、ラストランとなるコパノリッキーを応援したいんです!

――武豊騎手が主戦を務めるアウォーディーが出走を回避。一時、武豊騎手が同馬に騎乗するのではないかとも伝えられていましたが、田辺裕信騎手に決まりました。

桃井:ここで武豊騎手が騎乗すれば、2週連続で騎乗馬がラストランというちょっとめずらしいことになったんですけどね。私は最初にG1を生観戦したのが、田辺騎手が騎乗したコパノリッキーが勝利したフェブラリーS(G1)だったこともあり、このタッグにちょっとした縁を感じているんですよ。

 1984年にグレード制が導入されて以降、中央の平地G1で最低人気の馬が勝ったのは、ダイタクヤマトが制した2000年スプリンターズステークス(16頭立て)以来でした。そんな大波乱でレースは幕を降ろしたのですが、最低人気だったため馬券を購入している人も少なく、表彰式は寂しいものになるのかなぁと思っていたんです。ところが、レースを観戦していたファンの方たちは大勢残って、勝ち馬と騎手に拍手を送り、その勝利を讃えていたんですよ! それまでは競馬場ってもっと殺伐としているものだと思っていたので、本当にビックリしました!!

 あの日は、レースに出走する馬や騎乗する騎手だけではなく、馬券が外れたとしてもレースの勝者を称えることができるファン、それらすべてに感激しました。あの経験があったからこそ、競馬ファンとなった今の私があります。まさにコパノリッキーは私の”競馬観”を作った馬なんですよ。

 東京大賞典で勝利を収めて、レース後に行われる引退式に華を添えてもらいたいですね。

東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦