NEW

JRA松岡正海「蹴られ骨折」金杯勝利も不運。「性格難」でエージェント変更もできず……?

【この記事のキーワード】,
JRA松岡正海「蹴られ骨折」金杯勝利も不運。「性格難」でエージェント変更もできず......?の画像1

 2019年最初の重賞である中山金杯(G3)は、松岡正海騎手のウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が勝利。戦前から「デビュー以来1番のデキ」と”松岡節”が冴え渡っていたが、それを証明するかのような見事な走りを見せた。

 そしてレース後は愛馬を褒め称え、さらに「家を出るときに子どもと嫁さんに勝つと約束していたので。いつもありがとうございます」と破顔一笑。これ以上ない順調なスタートを切ったことで、今年の活躍を期待する人も多かったはずだ。

 だが、その翌日に松岡騎手は中山競馬第3Rのパドックで騎乗するグランフェルテに蹴られて、右腕の尺骨と肋骨を骨折。戦線離脱を余儀なくされてしまう。

「復帰まで約1カ月かかると聞いています。かつては100勝以上をあげたこともある松岡騎手ですが、近年はケガの影響もあり30~40勝止まり。今年こそ、復活したいと本人も意気込みは相当だったのですが……。本人はさぞ無念でしょうね」(競馬誌ライター)

 捲土重来を期していた松岡騎手。そして、そのために秘密裏に行動も起こしていたという。

「あまり周りにもそういった素振りは見せていなかったのですが、エージェントの変更を検討していたようです。本人としても近年の馬質の低下を自覚しており、『癖のある馬や乗り難しい馬が最近は多くなりました』と語り、さらに冗談交じりに癖馬を器用に扱う『武士沢友治騎手や西田雄一郎騎手の気持ちがわかるようになってきた』とこぼすこともあったといいます」(競馬記者)

JRA松岡正海「蹴られ骨折」金杯勝利も不運。「性格難」でエージェント変更もできず……?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声