NEW

フェブラリーS(G1)は武豊インティ「三連単3点」勝負! 有力情報が導いた「伏兵」も発見!!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週は2019年最初のG1競争フェブラリーS(G1)で勝負。「現場情報至上主義・ジェームスT」が、入手した「有力関係者ネタ」から渾身の「3点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、6連勝と破竹の勢いを見せるインティ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)だ。

フェブラリーS(G1)は武豊インティ「三連単3点」勝負! 有力情報が導いた「伏兵」も発見!!の画像1
インティ JBISサーチより

 未勝利戦は7馬身差の圧勝、次走も4馬身差で勝利するなど強烈なパフォーマンスを見せつけた本馬。約1年の休養を挟むことになったが、復帰初戦も問題なく勝利を収める。続くレースも10馬身差を付ける衝撃の走りを披露した。

 昇級戦となった観月橋S(1600万下)は、鞍上の武豊騎手が追うこともなく「持ったまま」で5馬身差を付ける圧勝。前走の東海S(G2)は、ハナを奪ってから後続を引き離して完勝。ゴール前は抑える余裕も見せるなど、改めて地力の高さを証明した。

「前走は経験の少ない左回りコースだったけど、自分でペースを作って優秀なタイムで勝利。『強い内容だった』と陣営も絶賛していたよ。『一皮剥けた印象がある』『たくましくなった』と愛馬の成長に自信を覗かせていた。

今回は初めての距離でペースや展開が鍵になりそうだけど『中間も至って順調。G1でも能力はヒケを取らない』と全く心配はしていない様子。G1獲りに期待しているね。5戦目の騎乗となる豊さん(武騎手)の手腕にも注目だ」(競馬関係者)

「〇」には4戦連続で馬券圏内を確保しているサンライズソア(牡5、栗東・河内洋厩舎)を選択した。

フェブラリーS(G1)は武豊インティ「三連単3点」勝負! 有力情報が導いた「伏兵」も発見!!の画像2
サンライズソア JBISサーチより

 昨年の平安S(G3)を鮮やかに逃げ切り快勝。続くシリウスS(G3)も3着を確保するなど、重賞戦線でも高いレベルを見せつけている本馬。

 11月のJBCクラシック(G1)は人気を裏切る形となったが、勝ち馬ケイティブレイブから0.3秒差の3着という結果は十分に評価できる。チャンピオンズC(G1)でも3着と好走しているように、その力は疑いようがない。着実に成長を遂げてきた実力馬が、虎視眈々とタイトルを狙っている。

「調整も順調のようだね。『休養はバッチリ』『調整は順調』と陣営は充実ぶりをアピールしている。そのうえで『東京コースは実績がある。G1でも太刀打ちできるはず』と色気十分だ。休み明けでも力を出せるタイプだし侮れないね」(競馬関係者)

フェブラリーS(G1)は武豊インティ「三連単3点」勝負! 有力情報が導いた「伏兵」も発見!!のページです。GJは、競馬、JRAインティ、フェブラリーS(G1)の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!