NEW

JRA最強オジュウチョウサンに「宣戦布告」! 新鋭トラストとの「直接対決時期」は

【この記事のキーワード】, ,
JRA最強オジュウチョウサンに「宣戦布告」! 新鋭トラストとの「直接対決時期」はの画像1

 23日の春麗ジャンプS(OP、障害3200m)は、単勝1.5倍の圧倒的支持を得た1番人気のトラスト(牡5歳、栗東・中村均厩舎)が圧勝。後続に2秒差をつける大差勝ちで、障害転向後3連勝を飾った。

 レース後、鞍上を務めた熊沢重文騎手は「まだ余裕があったし、本当に強かったですね」と愛馬を絶賛。さらに今月で定年する中村調教師も「思っていたより強い勝ち方だった」とレースを振り返り、今後は長谷川浩大調教師の厩舎に移籍となるが、「これならオジュウチョウサンに勝負を挑めると思う」と目を細めつつ、今後に期待を込めた。

 2016年の札幌2歳S(G3)を制するなど、一時はクラシック制覇の期待もかけられていたトラスト。だが、皐月賞13着、NHKマイルC8着、日本ダービー8着とイマイチな結果に終わると、その後低迷。ついには準OPで惨敗を繰り返し、昨年の10月から障害に活路を求めた。

「この転向が功を奏して連戦連勝。ついにトラストは障害界に登場したニュースターとまで称されるようになりました。このまま活躍を続けていれば、いずれ最強ハードラー・オジュウチョウサンとも雌雄を決することになるのは当然の流れです。

 オジュウチョウサンは『天皇賞。春挑戦』を考えながらも、3月の阪神スプリングJ、そして中山グランドジャンプへの出走も示唆しています。早ければこのいずれかで直接対決の可能性もあります。が、管理していた中村均調教師は『秋になる可能性がありますね。春は避けて』と今春以降の対決をほのめかしています。今後、新たに管理する長谷川調教師がどのような判断をするかは不明ですが、現状ではトップ争いはもうしばらく先になると考えたほうがいいかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 長期間に渡り障害界に君臨するオジュウチョウサン。新鋭トラストにその牙城を崩すことができるのだろうか。今秋、最強ハードラーを巡って熱い戦いが繰り広げられることになりそうだ。

JRA最強オジュウチョウサンに「宣戦布告」! 新鋭トラストとの「直接対決時期」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール