NEW

結婚=“幸せ”“不幸せ”拡大システムの幸せ機能が見落とされるワケ~幸せ表明がリスクな国

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者提供
 こんにちは。江端智一です。

結婚を計算してみよう」というテーマの本シリーズは、私の思いつきから、自分でシミュレータをつくって、自宅のパソコンを使った地道な計算から始まりました。

 第1回目『驚愕の人口・高齢化予測~70年後に日本の人口は半分、40年後に人類未踏の高齢社会』では、現在の少子化傾向が続くと、70年後に日本の人口が半分になることを示しました。

 第2回目『“結婚”未来予測~増え続ける生涯未婚率、今年生まれる子どもの半分は結婚を選択しない?』では、50年後に未婚者が既婚者を上回るという予測を示しました。

 第3回目『出産させないシステムが完成した日本~破滅衝動=結婚をなぜ越えられないのか?』では、少子化が止まらないのは、少子化こそが国民の「最適戦略」であること、そして、現在の我が国は「出産させないシステム」として完成していることを論述しました。

●極めて堅固な「出産させないシステム」

 これまでの3回の連載で私は、日本というシステムの「『お先真っ暗』な未来」を示してきました。

 その実態は、シミュレーションプログラムを作成し、データとパラメータを入力し、その計算結果を淡々と示し(第1回目、第2回目)、その結果について筋の通る理由(第3回目)を考えてきただけです(今回の一連の連載に関しては「私が書いた」のではなく、「パソコンに書かされた」という気持ちが強いです)。このような計算結果は、「現在」を踏んばって日々を生きている私たちには、あまりにも「希望がなさすぎる未来」です。

 また、前回の「出産させないシステム」については、かなりの反響があり、多くの方がこの問題に興味を持たれていることもわかりました。

 そこで、これまでの3回の連載を通じて明らかにしてきた、美しいループを描いて完成している日本という「出産させないシステム」の「破壊方法」について検討いたします(前回、「現在の生殖技術とその技術の導く恩恵と悲劇、そして今、私たちに求められているパラダイムシフトについても、お話しさせていただこうと思います」と記載しましたが、これについては次回以降とさせてください)。

 しかし(自分で言い出しておいてなんなのですが)、このシステムは本当に堅固で、つけいる隙がありません。たちの悪いことに6つの構成要素から組み立てられており、加えてそれぞれの要素が、これまた滅茶苦茶に頑強に結び付いて出来上がっています。

 検討すればするほどに、システムが壊せない要因ばかりが出てきてしまいます。ひと月近く考え抜いて私は、この「出産させないシステム」を一気同時に、包括的に破壊する方法はあきらめました。

 これから数回に分けて、上記6つのシステム構成要素を、個別的に撃破していく方法を提案したいと思います。