NEW

iPhone 6は結局「買い」か?やはり魅力乏しい?ハード、機能面から徹底解剖!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 6(左)とiPhone 6 Plus(「アップル公式動画サイト」より)

 日本時間の9月10日午前2時から、アップルの発表会が行われた。会場の様子はMacかiOS搭載端末などのアップル製品からだけ見られる公式中継が行われた。アクセス過多のせいか途中途切れることもしばしばあり、注目の高さがうかがわれた。

 アップルの新製品については、何週間も前からさまざまな噂が飛び交っていたが、発表された内容の多くはそれらの情報に合致していた。今回は、発表された端末について簡単にまとめるとともに、日本のユーザーにとって魅力となるポイントを考えてみたい。

●巨大化しながらも薄くなった

 iPhone 6は4.7インチの1334×750ディスプレイを搭載した端末で、サイズは67.0×138.1×6.9 mm、重さは129g。一方、iPhone 6 Plusは5.5インチの1920×1080ディスプレイ、本体サイズは77.8×158.1×7.1 mmで172gとなっている。

 簡単にいえば、現行機種であるiPhone 5sよりもディスプレイサイズが大きくなり、薄くなった。Android搭載端末ではそれほど珍しくなかった5インチクラスでフルHDという端末が、ようやくアップルから登場したというところだ。

 従来のiPhoneユーザーからは「でかい」と驚く声がかなり出ているようだ。インターネット上では、身近なゲーム機等と比較して大きさのイメージをつかもうとする人が現れているが、確かに過去の端末と比較すると大きい。このサイズになると、女性が片手で扱うのは難しい。大きさが気になる人は、購入前に展示モデル等の確認をしたほうがよいだろう。

 ボディカラーはiPhone 5sと共通のゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、記憶容量は16GB/64GB/128GBの3モデルをラインアップ。

 性能面ではCPUが強化され、コプロセッサーも刷新。処理速度はかなり向上しているようだ。またバッテリーも強化され、大画面端末ながらiPhone 5sよりもバッテリーの持ちは良いとアピールされた。

CPUの処理速度は大きく向上